アブダビGP予選ヤス・マリーナ・サーキット

レース終了
2019年11月30日
Q3 残り00分

天候
気温:25℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • 001:2019年F1第21戦アブダビGP予選は22時開始です。
  • 002:これより、2019年のF1最終戦となる第21戦アブダビGP予選の模様をお伝えしていきます。
  • 003:2019年のF1もついに最終戦を迎えました。第21戦アブダビGPが行われるのはヤス・マリーナ・サーキット(1周5.554km)です。決勝は55周、トータル305.355kmで争われます。
  • 004:このサーキットはセクター1には高速のS字区間もありますが、そのほかは長短のストレートをシケインや90度の低速コーナーでつないだレイアウトになっており、通常のサーキットと市街地コースが組み合わされたような特性を持っていることが特徴です。コーナー数は21です。
  • 005:また、アブダビGPはまだ太陽の光が残る夕方にレースがスタートし、途中で日没を迎えるトワイライトレースとなります。この特殊な条件がレースに与える影響も小さくありません。そしてこれから行われる予選も決勝同様トワイライトセッションとして行われます。
  • 006:DRSゾーンは2か所です。まずターン7の手前40mに検知ポイントが設けられ、ターン7を立ち上がって270mの位置がアクティベーションポイントとなります。もうひとつはターン9を立ち上がって50mの位置に検知ポイントが設けられ、ターン9から165mの地点からDRSを作動することが可能となります。
  • 007:今年からドライタイヤの種類が硬い方から順にC1からC5までの全5種類となっています。このレースには最も軟らかい組み合わせとなるC3、C4、C5の3種類が持ち込まれており、これらがそれぞれハード(白)、ミディアム(黄)、ソフト(赤)として運用されます。
  • 008:このうち、ソフト1セットは予選Q3用にとっておかなくてはなりません。また、ハードとミディアム各1セットずつが決勝使用指定タイヤとされています。決勝では雨用タイヤを使用しない限り2種類以上のドライタイヤを使わなければなりませんが、そのうち少なくとも1セット以上、この指定タイヤを使用する義務があります。
  • 009:先ほど行われたフリー走行3回目ではレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを刻みました。2番手にルイス・ハミルトン、3番手にバルテリ・ボッタスのメルセデス勢が入りましたが、この3人は100分の9秒以内にひしめきあう接戦となっています。
  • 010:ボッタスはこのレースで年間規定数を超えるエンジンコンポーネントを投入しており、グリッド最後尾からのスタートとなることが決まっており、予選では決勝を想定した戦い方をする可能性もあり、ポールポジション争いはフェルスタッペンとハミルトンに絞られた感があります。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
MEX
USA
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 413
2 V.ボッタス 326
3 M.フェルスタッペン 278

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 739
2 フェラーリ 504
3 レッドブル 417