日本GP予選鈴鹿サーキット

レース終了
2019年10月13日
Q3 残り00分

天候
気温:20℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • 001:2019年F1第17戦日本GP予選は10時開始です。
  • 002:これより、2019年F1第17戦日本GP予選の模様をお伝えしていきます。
  • 003: 日本GPの舞台となるのは三重県にある鈴鹿サーキット(1周5.807km)です。決勝は53周、トータル307.471kmで争われます。
  • 004:本来12日(土)に実施予定だった予選ですが、台風19号の接近に伴って土曜日のスケジュールが全てキャンセルとなり、この時間に行われることになりました。鈴鹿で日曜日に予選と決勝が同日開催となるのは2010年以来のこととなります。
  • 005:珍しい8の字型のレイアウトとなっている鈴鹿サーキットは日本が世界に誇るテクニカルコースとして知られています。全部で18の低速、中速、高速コーナーが盛り込まれています。特にセクター1は7つのコーナーがひしめく難しいレイアウトとなっており、ドライバーの腕が試される区間として有名です。
  • 006:高速コーナーが多いことから、クルマを地面へ押し付けるダウンフォースが重要になるとともに、シケインやヘアピンなどの低速コーナーもあるため、そこがセッティングやドライビングの難しさとなります。また、タイヤへの負担も大きく、決勝ではタイヤをいたわることも必要です。
  • 007:鈴鹿のDRSゾーンはホームストレートの1か所のみです。前車との間隔を計測する検知ポイントは最終シケインの手前50mに設けられます。決勝では検知ポイントで前のクルマとの差が1秒以内であればDRSを作動することができます。
  • 008:鈴鹿はそれほどオーバーテイクが多く見られるコースではありませんが、最大の追い越しポイントはこのDRSゾーンが設けられるホームストレートエンドの第1コーナーとなります。このほか、バックストレートから130Rを経た最終シケインなども追い抜きポイントになります。
  • 009:金曜日に行われた2回のフリー走向ではメルセデスが強さを発揮し、いずれもバルテリ・ボッタスがトップ、ルイス・ハミルトンが2番手となりました。
  • 010:一方、フリー1ではボッタスに1.3秒ほどのギャップを付けられて5番手となったマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)ですが、フリー2では一気に1秒も差を縮め、トップから0.281秒差の3番手につけました。メルセデスとの差はまだあるものの、これから行われる予選に期待を抱かせる進歩を遂げています。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
MEX
USA
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 338
2 V.ボッタス 274
3 C.ルクレール 221

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 612
2 フェラーリ 433
3 レッドブル 323