シンガポールGP決勝マリーナ・ベイ・ストリート・サーキット

レース終了
2019年09月22日
ラップ:61/61

順位 変遷 ドライバー チーム タイム差 ピット
1 2 S.ベッテル フェラーリ 1:58:33.667 1
2 1 C.ルクレール フェラーリ +2.641 1
3 1 M.フェルスタッペン レッドブル +3.821 1
4 2 L.ハミルトン メルセデスAMG +4.608 1
5 0 V.ボッタス メルセデスAMG +6.119 1
6 0 A.アルボン レッドブル +11.663 1
7 2 L.ノリス マクラーレン +14.769 1
8 3 P.ガスリー トロロッソ +15.547 1
9 1 N.ヒュルケンベルグ ルノー +16.718 2
10 0 A.ジョビナッツィ アルファロメオ・レーシング +17.855 2
11 6 R.グロージャン ハース +35.436 2
12 5 C.サインツ マクラーレン +35.974 2
13 3 L.ストロール レーシングポイント +36.419 3
14 6 D.リカルド ルノー +37.660 1
15 1 D.クビアト トロロッソ +38.178 2
16 3 R.クビサ ウイリアムズ +47.024 2
17 4 K.マグヌッセン ハース +1:26.522 2
- - K.ライコネン アルファロメオ・レーシング アクシデント 1
- - S.ペレス レーシングポイント オイル漏れ 1
- - G.ラッセル ウイリアムズ アクシデント 1
天候
気温:28.9℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • ラップ00:F1シンガポールGP決勝は、日本時間21時10分にスタートします。
  • ラップ00:これより、2019年F1第15戦シンガポールGP決勝の模様をお伝えしていきます。
  • ラップ00:シンガポールGPの舞台となるのは、マリーナ・ベイ・ストリート・サーキット(1周5.063km)です。決勝は61周、トータル308.706kmで争われます。
  • ラップ00:F1初のナイトレースとして開催されたことで知られるシンガポールGPですが、照明によって照らし出されたコースが夜の街に光の帯として浮かび上がる光景は非常に美しく、幻想的でもあります。
  • ラップ00:公道を封鎖して作られた反時計回りの市街地サーキットには全部で23のコーナーが設けられています。低速コーナーが中心のレイアウトになっているため、ブレーキング時の安定性と低速コーナーからの加速に優れたクルマが求められます。
  • ラップ00:公道を利用しているためバンプと呼ばれる路面のでこぼこも多く、クルマの挙動が安定しないことから、これにうまく対応できる足回りにすることが不可欠となります。
  • ラップ00:赤道直下の熱帯に位置するため気温と湿度が高いことに加え、路面のバンプが多く、コーナー数も多いこと、さらにセーフティカー導入率が高く、レース時間が長引くことも多いことから、ドライバーにとってはカレンダーの中でも最も体力的に厳しいコースだと言われています。
  • ラップ00:今年はDRSゾーンが1か所増え、全部で3か所となります。まずターン4の出口に最初の検知ポイントが設けられ、ターン5を立ち上がって53mがアクティベーションポイントとなります。2つめは検知ポイントがターン13の手前102mでアクティベーションポイントはターン13を立ち上がって78m、3つ目はターン21を抜けたところに検知ポイントが設けられ、最終ターン23を立ち上がって48mの地点がアクティベーションポイントとなります。
  • ラップ00:決勝では検知ポイントにおいて前車との間隔が1秒以内の場合にDRSを作動させることが可能となります。
  • ラップ00:今年からドライタイヤの種類が硬い方から順にC1からC5までの全5種類となっています。このレースには最も軟らかい組み合わせとなるC3、C4、C5の3種類が持ち込まれており、これらがそれぞれハード(白)、ミディアム(黄)、ソフト(赤)として運用されます。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
MEX
USA
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 338
2 V.ボッタス 274
3 C.ルクレール 221

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 612
2 フェラーリ 433
3 レッドブル 323