ベルギーGP予選スパ・フランコルシャン・サーキット

レース終了
2019年08月31日
Q3 残り00分

天候
気温:28.9℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • 001:2019年F1ベルギーGP予選は、日本時間22時開始です。
  • 002:これより、2019年F1第13戦ベルギーGP予選の模様をお伝えしていきます。
  • 003:夏休みが終わり、2019年のF1シーズンもいよいよ後半戦に入ります。その初戦となるベルギーGPの舞台となるのは、スパ・フランコルシャン・サーキット(1周7.004km)です。
  • 004:スパは山の中に作られたサーキットであるため、こう配の変化が激しく、高速コーナーも多いことから、攻略が難しいサーキットとして知られています。高速、中速、そして低速コーナーまで全部で19のコーナーが設けられておりすべての面でバランスの優れたクルマが強さを発揮するサーキットです。
  • 005:DRSゾーンは2か所です。1つめはターン5へと向かうストレートで、全車との間隔を計測する検知ポイントはオー・ルージュへと向かう下りのストレートの中間点に設けられます。もう1つはホームストレートで、検知ポイントはターン18の手前160mの地点に設けられます。
  • 006:山にあるサーキットのため、天候が急激に変化することもスパの特徴であり、「スパ・ウェザー」として知られています。また、全長7kmにも及ぶ長いサーキットであることから、サーキットの一部では雨が降り、ほかの区間では路面が乾いているというような状態となることも珍しくありません。
  • 007:今年からドライタイヤの種類が硬い方から順にC1からC5までの全5種類となっています。このレースにはC1、C2、C3の3種類が持ち込まれており、これらがそれぞれハード(白)、ミディアム(黄)、ソフト(赤)として運用されます。
  • 008:このうち、ソフト1セットは予選Q3用にとっておかなくてはなりません。また、ハードとミディアム各1セットずつが決勝使用指定タイヤとされています。決勝では雨用タイヤを使用しない限り2種類以上のドライタイヤを使わなければなりませんが、そのうち少なくとも1セット以上、この指定タイヤを使用する義務があります。
  • 009:雨用タイヤは水量が多いときに用いるウエット(青)と、比較的水量が少ないとき用のインターミディエイト(緑)の2種類が用意されています。
  • 010:先ほど行われた予選前最後のフリー走行ではフェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークしました。フェラーリは今週末ここまでのセッションすべてで1-2体制を築いており、現時点ではポールポジションに最も近い位置にいると言えるでしょう。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
MEX
USA
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 284
2 V.ボッタス 221
3 M.フェルスタッペン 185

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 505
2 フェラーリ 351
3 レッドブル 266