メキシコGP予選エルマノス・ロドリゲス・サーキット

レース終了
2018年10月28日
Q3 残り00分

天候
気温:18.9℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • 001:2018年F1第19戦メキシコGP予選は午前3時開始です。
  • 002:これより、2018年F1第19戦メキシコGP予選の模様をお伝えしていきます。
  • 003:メキシコGPの舞台となるのは、首都メキシコシティにあるエルマノス・ロドリゲス・サーキット(1周4.304km)です。決勝は71周で争われます。
  • 004:このサーキットでは、1963年から1970年、そして1986年から1992年までF1が開催されていました。そして新レイアウトとなったサーキットで2015年に23年ぶりにメキシコGPが復活してからは4回目の開催となります。
  • 005:このサーキットは富士山の五合目とほぼ同じ標高約2,230mの高地にあります。つまり、ほかのサーキットよりも空気が薄くなるため、それがエンジンの燃焼やシャシーの空力に大きな影響を及ぼすことになります。
  • 006:今年メキシコに持ち込まれたドライタイヤは、7種類のコンパウンドのうち最も柔らかいほうからの3種類、ハイパーソフト(ピンク)、ウルトラソフト(紫)、スーパーソフト(赤)です。
  • 007:このうち、ウルトラソフトとスーパーソフトの1セットずつが決勝指定タイヤとされています。決勝では、雨用のタイヤを使わない限り、このうちの1セット以上を使用するとともに、2種類以上のコンパウンドを使用しなければなりません。
  • 008:また、一番軟らかいハイパーソフト1セットが予選Q3用に指定されています。Q3に進出したドライバーは決勝をQ2でベストタイムをマークしたときに使用していたタイヤでスタートしなくてはなりません。Q3に進出できなかったドライバーは、このQ3指定タイヤを決勝で使用することが可能となります。
  • 009:雨用タイヤには水量が多いときに用いるウエット(青)と、比較的水量が少ないとき用のインターミディエイト(緑)の2種類が用意されています。
  • 010:先週末に行われたアメリカGPでランキングトップのルイス・ハミルトン(メルセデス)が3位、2番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が4位となったことから、ハミルトンのタイトル確定はこのメキシコGPに持ち越されました。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 408
2 S.ベッテル 320
3 K.ライコネン 251

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 655
2 フェラーリ 571
3 レッドブル 419