アメリカGP決勝サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

レース終了
2018年10月22日
ラップ:56/56

天候
気温:21.1℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • ラップ00:2018年F1第18戦アメリカGP決勝は、午前3時10分スタートです。
  • ラップ00:これより、2018年F1第18戦アメリカGP決勝の模様をお伝えしていきます。
  • ラップ00:2018年のF1もいよいよ残り4戦となりました。今週末のアメリカ、来週末のメキシコでの北米2連戦の後、南米ブラジルに渡り、最後は中東へ飛んで最終戦のアブダビGPを残すのみです。
  • ラップ00:鈴鹿で行われた前戦日本GPでは、ポイントリーダーのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)がポール・トゥ・ウィンを達成。一方ランキング2番手につけているセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は6位に終わり、その差は67ポイントに広がってしまいました。
  • ラップ00:仮に、ここアメリカでハミルトンが優勝し、ベッテルが3位以下となるなどしてポイント差が75以上に開いてしまえば今季のタイトルのゆくえがその時点で確定してしまうことになります。
  • ラップ00:そのハミルトンとベッテルですが、昨日行われた予選でもハミルトンがポールを獲得。ベッテルは2番手に終わりました。しかもベッテルはフリー走行1回目での赤旗無視により3グリッド降格ペナルティーを受けるため、決勝は5番グリッドからのスタートとなってしまいます。
  • ラップ00:このため、現時点ではここオースティンでハミルトンの通算5回目のタイトル獲得が決まってしまう可能性がかなり高くなったと言えそうです。
  • ラップ00:しかし、ベッテルの降格により、予選3番手だったキミ・ライコネン(フェラーリ)がハミルトンと並んで最前列からスタートすることになります。
  • ラップ00:ハミルトンがスーパーソフトタイヤでのスタートとなるのに対し、ライコネンはウルトラソフトタイヤでスタートすることになるため、ライコネンがスタートでうまくハミルトンの前に出て頭を押さえることができれば、その後のレース展開がまた興味深いものとなりそうです。
  • ラップ00:予選4番手はバルテリ・ボッタス(メルセデス)、5番手はダニエル・リカルド(レッドブル)でした。マックス・フェルスタッペンはQ1での走行中に縁石に乗ってリアアクスルを壊してしまい、Q2に出走することができず、予選を15番手で終えてしまいました。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 383
2 S.ベッテル 302
3 K.ライコネン 251

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 620
2 フェラーリ 553
3 レッドブル 392