ロシアGP決勝ソチ・オートドローム

レース終了
2018年09月30日
ラップ:53/53

天候
気温:25℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • ラップ00:2018年F1第16戦ロシアGP決勝は20時10分にスタートします。
  • ラップ00:これより、2018年F1第16戦ロシアGP決勝の模様をお伝えしていきます。
  • ラップ00:ロシアGPの舞台となるのは、ソチ・オートドローム(1周5.848km)です。決勝は53周で争われます。
  • ラップ00:2014年から開催されているロシアGPも今年で5回目の開催を迎えました。当初2年間は10月に行われていましたが2016年と2017年はシーズン序盤に開催されていました。しかし、今年は再びシーズン後半に位置付けられ21戦中の第16戦として行われます。
  • ラップ00:このサーキットは2014年2月に行われたソチ冬季五輪の会場を利用して建設されたもので、全部で18のコーナーがあり、そのうち右コーナーが12、左コーナーが6か所です。
  • ラップ00:オリンピック開催跡地を利用しただけに市街地コースのようなレイアウトとなっており、基本的には90度コーナーと直線で構成されています。低中速コーナーが多いことから、クルマを地面へ押し付けるダウンフォースも必要となりますが、空気抵抗をできる限り減らしたい高速区間もあるため、この妥協点を見いだすことが、このサーキットを攻略する上でのカギとなります。
  • ラップ00:昨年までに行われた4回のレースではいずれもメルセデスが優勝しています。2014年と2015年はルイス・ハミルトン、2016年はニコ・ロズベルグ、そして昨年はバルテリ・ボッタスが勝利を収めました。
  • ラップ00:昨年はフェラーリが予選で最前列を独占したものの、スタートで3番グリッドスタートのボッタスがフェラーリ勢の前に出てそのままトップでチェッカーフラッグを受けました。
  • ラップ00:今年もソチではメルセデスが強さを発揮し、予選でもフェラーリに大差をつけて最前列を独占しました。そしてポールポジションを獲得したのは昨年の覇者ボッタスでした。ボッタスは過去4年間はソチでずっと予選3番手でしたが、ついに今年は一番前のグリッドから決勝をスタートすることになります。
  • ラップ00:2番グリッドからスタートするのはルイス・ハミルトン(メルセデス)、3番グリッドはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、4番グリッドはキミ・ライコネン(フェラーリ)です。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 408
2 S.ベッテル 320
3 K.ライコネン 251

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 655
2 フェラーリ 571
3 レッドブル 419