シンガポールGP決勝マリーナ・ベイ・ストリート・サーキット

レース終了
2018年09月16日
ラップ:61/61

天候
気温:30℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • ラップ00:F1シンガポールGP決勝は、日本時間21時10分にスタートします。
  • ラップ00:これより、2018年F1第15戦シンガポールGP決勝の模様をお伝えしていきます。
  • ラップ00:シンガポールGPの舞台となるのは、マリーナ・ベイ・ストリート・サーキット(1周5.063km)です。決勝は61周で争われます。
  • ラップ00:このサーキットはシンガポールの公道を封鎖して作られた反時計回りの市街地サーキットで、コーナー数も多く、全部で23を数えます。今年はターン16から17へ至る部分が昨年よりも直線的に改修されており、ほんのわずかですが昨年より1周が2mほど短縮されています。
  • ラップ00:公道を使った低速コーナーが中心のレイアウトになっているため、ブレーキング時の安定性と低速コーナーからの加速に優れたクルマが求められます。さらに、バンプと呼ばれる路面のでこぼこが多く、クルマの挙動が安定しないことから、これにうまく対応することもここを速く走る上でのカギとなります。
  • ラップ00:赤道直下の熱帯に位置するため気温と湿度が高く、バンプの多い路面やコーナー数の多さと合わせてドライバーにとっては1年で1番体力的に厳しいコースだと言われています。セーフティカー導入率も高く、レース時間も長引くことが多くなります。
  • ラップ00:もちろん、市街地コースのため抜きどころは少なく、過去10回のレースのうち7回でポールシッターが優勝を飾っています。このため予選が非常に重要となるレースのひとつとなります。
  • ラップ00:シンガポールGP最大の特徴がナイトレースとして開催されることです。照明によって照らし出されたコースが暗闇の街に光の帯として浮かび上がる光景は、非常に美しく、幻想的でさえあります。
  • ラップ00:このサーキットにも2か所のDRSゾーンが設けられます。1つめはターン5からターン7に至る部分です。前車との間隔を計測する検知ポイントはターン4の立ち上がりに設けられます。もう1つはホームストレートで、検知ポイントはターン22手前のピットロード入口手前部分に設けられます。
  • ラップ00:決勝では各検知ポイントにおいて前車との間隔が1秒以内の場合にDRSを作動させることができるようになります。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 346
2 S.ベッテル 276
3 K.ライコネン 221

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 563
2 フェラーリ 497
3 レッドブル 337