ドイツGP決勝ホッケンハイムリンク

レース終了
2018年07月22日
ラップ:67/67

順位 変遷 ドライバー チーム タイム差 ピット
1 13 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:32:29.845 1
2 0 V.ボッタス メルセデスAMG +4.535 2
3 0 K.ライコネン フェラーリ +6.732 2
4 0 M.フェルスタッペン レッドブル +7.654 3
5 2 N.ヒュルケンベルグ ルノー +26.609 3
6 0 R.グロージャン ハース +28.871 3
7 3 S.ペレス フォース・インディア +30.556 1
8 7 E.オコン フォース・インディア +31.750 1
9 4 M.エリクソン ザウバー +32.362 1
10 6 B.ハートレー トロロッソ +34.197 2
11 6 K.マグヌッセン ハース +34.919 3
12 4 C.サインツ ルノー +43.069 3
13 5 S.バンドーン マクラーレン +46.617 2
14 6 P.ガスリー トロロッソ + 1Lap 2
15 6 C.ルクレール ザウバー + 1Lap 3
16 5 F.アロンソ マクラーレン + 2Laps 4
- - L.ストロール ウイリアムズ ブレーキ 3
- - S.ベッテル フェラーリ アクシデント 1
- - S.シロトキン ウイリアムズ エンジン 2
- - D.リカルド レッドブル エンジン 0
天候
気温:22.8℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • ラップ00:2018年F1第11戦ドイツGP決勝は、日本時間22時10分にスタートします。
  • ラップ00:これより、ドイツGP決勝の模様をお伝えしていきます。
  • ラップ00:2016年以来2年ぶりの開催となるドイツGPですが、今年もその舞台となるのはフランクフルトの南部に位置するホッケンハイムリンクです。
  • ラップ00:全21戦で行われる2018年シーズンもすでに10戦が終了し、このドイツがちょうど中間点に位置するレースとなります。
  • ラップ00:前戦イギリスGPではフェラーリのセバスチャン・ベッテルが優勝を飾りました。ベッテルはこれで今季単独トップとなる4勝目をマーク。ドライバーズランキングも2番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)に8ポイント差をつけてトップに立っています。
  • ラップ00:昨日の予選では地元ファンの声援を受けたベッテルがポールポジションを獲得。一方のハミルトンは予選Q1終盤にマシンにトラブルを抱えてしまい、Q2進出は果たしたものの出走することはできず、最終的に14番手に終わってしまいました。
  • ラップ00:このホッケンハイムは後方から追い上げて優勝を果たしたという前例はあまりなく、ベッテルにとってはハミルトンとのポイント差をさらに広げるチャンスがやってきたと言えるでしょう。
  • ラップ00:しかし、ベッテルのとなり2番グリッドからはメルセデスのバルテリ・ボッタスがスタートします。もしボッタスがスタートでベッテルの前に出るようなことになれば、メルセデスとしても戦略の幅が広がってきそうです。
  • ラップ00:逆に3番グリッドからスタートするキミ・ライコネン(フェラーリ)がボッタスの前に出るようなことが起きれば、フェラーリは非常に有利にレースを展開することができます。まずは、そのスタートがこのレース最初の大きな見どころとなるのは間違いありません。
  • ラップ00:予選4番手につけたのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)でしたが、チームメートのダニエル・リカルドは規定数を超えるPUコンポーネント投入によるグリッド降格ペナルティーが確定していたためQ2での走行を見合わせて15番手で予選を終えています。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 408
2 S.ベッテル 320
3 K.ライコネン 251

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 655
2 フェラーリ 571
3 レッドブル 419