ドイツGP予選ホッケンハイムリンク

レース終了
2018年07月21日
Q3 残り00分

天候
気温:22.8℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • 001:2018年F1第11戦ドイツGP予選は、日本時間22時開始です。
  • 002:これより、ドイツGP予選の模様をお伝えしていきます。
  • 003:ドイツGPの舞台となるのはフランクフルトの南部に位置するホッケンハイムリンクです。
  • 004:このサーキットは1932年に開設された歴史あるコースで、当初は全長12kmにも及ぶ長いサーキットでした。その後何度かの改修を経て、現在は1周4.574kmのコースとなっています。決勝は67周で争われます。
  • 005:ホッケンハイムは最近のF1サーキットの中では比較的追い抜きがしやすいサーキットです。最も抜きが多く見られるのはパラボリカと呼ばれるターン5がある長いストレートを過ぎて迎えるヘアピンです。
  • 006:ホッケンハイムは比較的気温も低く、低速コーナーが多いこともあってタイヤの温度を最適なレンジに維持することが難しいサーキットとして知られています。
  • 007:しかし、昨日は好天に恵まれたものの、今日は一転雨模様となり、先ほど行われたフリー走行3回目では雨脚が弱まった終盤に9人がタイムを刻んだだけという結果となりました。
  • 008:フリー3開始少し前から強めの雨が降り始め、セッションが開始時刻を迎えたころにはすでに路面がかなり水を被った状態となっており、序盤に数名のドライバーがインストレーションを行うとともにルノーのニコ・ヒュルケンベルグだけがタイムを刻みましたが、その後走行するクルマが見られないという状況となってしまいました。
  • 009:セッションの残り時間が10分ほどとなったところで雨脚も弱まり、ドライバーたちが走行を開始しましたが先ほども書きましたようにタイムを刻んだのは9人だけでした。
  • 010:トップタイムを刻んだのはザウバーの大型新人シャルル・ルクレールでした。さらにチームメートのマーカス・エリクソンが2番手で続き、ザウバーの2台が順位表の一番上に並ぶという展開となりました。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 346
2 S.ベッテル 276
3 K.ライコネン 221

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 563
2 フェラーリ 497
3 レッドブル 337