イギリスGP予選シルバーストン・サーキット

レース終了
2018年07月07日
Q3 残り00分

天候
気温:26.1℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • 001:2018年F1第10戦イギリスGP予選は、日本時間22時スタートです。
  • 002:これよりイギリスGP予選の模様をお伝えしていきます。
  • 003:イギリスGPの舞台となるのは、シルバーストン・サーキット(1周5.891km)です。決勝は52周で争われます。
  • 004:このサーキットは第二次世界大戦中に空軍の飛行場として使われていたところに建設されたもので、今でも敷地内には滑走路のなごりが残されています。
  • 005:以後、何度か改修が行われていますが、基本的には伝統的な高速サーキットとしての性格を残しています。改修によっていくつか低速コーナーも設けられたものの、高速コーナーが多く空力が非常に重要なサーキットです。
  • 006:コーナー数は全部で18です。ターン10からターン14にかけて左右に切り返しながら走り抜けるマゴッツ、ベケッツ、チャペルと呼ばれる高速コーナーは特に有名で、ドライバーたちの人気も高い区間となっています。
  • 007:今年はサーキット全面にわたって再舗装が行われています。イギリスは天候が変わりやすいだけにそれがレースに大きな影響を及ぼすことも少なくありませんが、今年は水はけを改善するためにターン1、6、16、17、18の傾斜角度が修正されています。
  • 008:ここシルバーストンも今年は3か所にDRSゾーンが設けられます。通称ウエリントンストレートと呼ばれるターン5から6までの間と、ターン14から15へと向かうハンガーストレート。そして今年新たにホームストレートにもDRSゾーンが設けられます。
  • 009:このサーキットに今年持ち込まれたドライタイヤはハード、ミディアム、ソフトの3種類です。今季初登場となるハードはアイスブルーと呼ばれる水色が識別色として施されています。ミディアムは白、ソフトは黄色です。
  • 010:決勝指定タイヤはハードとミディアム各1セットです。ドライバーは決勝中に2種類以上のタイヤを使用しなくてはなりませんが、そのうち少なくともこの指定セットを1セット以上使う義務があります。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 281
2 S.ベッテル 241
3 K.ライコネン 174

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 452
2 フェラーリ 415
3 レッドブル 274