スペインGP予選バルセロナ・カタルーニャ・サーキット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レース終了
2018年05月12日
Q3 残り00分

天候
気温:17.8℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • 001:2018年F1スペインGP予選は、日本時間22時にスタートします。
  • 002:これより、2018年F1世界選手権第5戦スペインGP予選の模様をお伝えしていきます。
  • 003:これまでオーストラリア、バーレーン、中国、アゼルバイジャンでの4レースを終え、このスペインGPからいよいよヨーロッパ本土でF1の戦いが繰り広げられることになります。
  • 004:スペインGPの舞台となるのは、1991年からF1が開催されているバルセロナ-カタルーニャ・サーキット(1周4.655km)です。コーナー数は16で、決勝は66周で争われます。
  • 005:ここバルセロナのサーキットは冬のテストで使用されているサーキットでもあり、F1チームにとってはおなじみのサーキットです。高速区間や各種コーナーがうまく組み合わされ、F1マシンの総合力が求められるサーキットだけに、ここでどれだけのパフォーマンスを示せるかということが今後のレースに向けて重要なカギとなります。
  • 006:また、ヨーロッパでの初戦となるこのスペインGPにはどのチームも大幅な改良を施してきており、序盤の4レースとは勢力図が変わってくる可能性もあります。そこがこのレースの大きな見どころのひとつでもあります。
  • 007:そして、先ほど行われたフリー走行3回目では、これまでの序盤4レースとは違い、メルセデスがフェラーリを突き放すパフォーマンスを示しました。
  • 008:トップとなったのはルイス・ハミルトンで、チームメートのバルテリ・ボッタスがわずか0.013秒差でそれに続きました。フェラーリはセバスチャン・ベッテルが3番手、キミ・ライコネンが4番手で続いたものの、ハミルトンとベッテルのギャップは0.263秒と予想外の差がついています。
  • 009:これから始まる予選でフェラーリ勢があっと驚く逆転劇を見せるのか、あるいはここでメルセデスが本来の強さを示してくるのかに注目が集まることになりそうです。
  • 010:5番手にはレッドブルのダニエル・リカルドが続きましたが、ハミルトンからはコンマ7秒遅れでした。さらにチームメートのマックス・フェルスタッペンにはPUに電気系トラブルが発生し、スーパーソフトタイヤでの予選シミュレーションを行うことができないままセッションを終えてしまっています。レッドブルにとってはかなり厳しい予選となりそうです。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 095
2 S.ベッテル 078
3 V.ボッタス 058

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 153
2 フェラーリ 126
3 レッドブル 080