アゼルバイジャンGP予選バクー市街地サーキット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レース終了
2018年04月28日
Q3 残り00分

天候
気温:22.2℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • 001:2018年F1第4戦アゼルバイジャンGP予選は、日本時間22時から開始です。
  • 002:これより、アゼルバイジャンGP予選の模様をお伝えしていきます。
  • 003:F1アゼルバイジャンGPの舞台となるのは、首都バクーに設けられた市街地サーキット(1周6.003km)です。決勝は51周で争われます。
  • 004:2016年にヨーロッパGPとしてF1が初開催されたこのグランプリですが、昨年からアゼルバイジャンGPと名称を変えています。さらに、昨年までは第8戦として6月にレースが行われていましたが、今年は開催時期が早まり、第4戦として行われます。
  • 005:コースの途中には世界遺産として有名なシルヴァンシャー宮殿や乙女の塔を間近に見る部分や、狭い旧市街地を走り抜ける部分なども設けられており、ほかのサーキットでは見られないユニークな雰囲気があります。
  • 006:通常とは逆の反時計回りのサーキットとなっており、コーナーの数は全部で20です。2kmにも及ぶ直線部分があるとともに旧市街地エリアではかなり道幅も狭く、タイトなコーナーも設けられており、セッティングの妥協点をうまく見いだすことが重要となるテクニカルなコースとなっています。
  • 007:バクーのDRSゾーンは2か所です。まずターン2から3へ至るストレートで、検知ポイントは第2コーナー手前に設けられます。もうひとつはホームストレートで検知ポイントは最終コーナーの部分に設けられます。
  • 008:先ほど行われたフリー走行3回目ではフェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを刻みました。昨日の2回のフリー走行ではあまりうまく1周をまとめることができていなかったベッテルですが、さすがに予選を前にペースを上げてきています。
  • 009:2番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)、3番手キミ・ライコネン(フェラーリ)、4番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、5番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)とここまでがトップ5を占めました。
  • 010:以下6番手セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、7番手ケビン・マグヌッセン(ハース)、8番手ランス・ストロール(ウィリアムズ)、9番手エステバン・オコン(フォース・インディア)、10番手セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)というトップ10の顔ぶれとなっています。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 095
2 S.ベッテル 078
3 V.ボッタス 058

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 153
2 フェラーリ 126
3 レッドブル 080