日本GP|決勝

レース終了
2019年10月13日鈴鹿サーキット

テキスト速報全文タイム速報へ
  • ラップ00:2019年F1第17戦日本GP決勝は14時10分スタートです。
  • ラップ00:これより、2019年F1第17戦日本GP決勝の模様をお伝えしていきます。日本GPの舞台となるのは三重県にある鈴鹿サーキット(1周5.807km)です。決勝は53周、トータル307.471kmで争われます。
  • ラップ00:珍しい8の字型のレイアウトとなっている鈴鹿サーキットは日本が世界に誇るテクニカルコースとして知られています。全部で18の低速、中速、高速コーナーが盛り込まれています。特に7つのコーナーがひしめくセクター1や、130Rのターン15などはドライバーの腕が試される区間として有名です。
  • ラップ00:鈴鹿のDRSゾーンはホームストレートの1か所のみです。前車との間隔を計測する検知ポイントは最終シケインの手前50mに設けられます。決勝では検知ポイントで前のクルマとの差が1秒以内であればDRSを作動することができます。
  • ラップ00:鈴鹿はそれほどオーバーテイクが多く見られるコースではありませんが、最大の追い越しポイントはこのDRSゾーンが設けられるホームストレートエンドの第1コーナーとなります。このほか、最終シケインやスプーンカーブと呼ばれるターン14などで追い抜きが見られることもあります。
  • ラップ00:今年からドライタイヤの種類が硬い方から順にC1からC5までの全5種類となっています。このレースには最も硬い組み合わせとなるC1、C2、C3の3種類が持ち込まれており、これらがそれぞれハード(白)、ミディアム(黄)、ソフト(赤)として運用されます。
  • ラップ00:このうちハードとミディアム各1セットずつが決勝使用指定タイヤとされています。決勝では雨用タイヤを使用しない限り2種類以上のドライタイヤを使わなければなりませんが、そのうち少なくとも1セット以上、この指定タイヤを使用する義務があります。
  • ラップ00:雨用タイヤは水量が多いときに用いるウエット(青)と、比較的水量が少ないとき用のインターミディエイト(緑)の2種類が用意されています。
  • ラップ00:ホンダのホームレースとなる鈴鹿ではレッドブルとトロロッソの活躍に期待がかかりますが、先ほど10時から行われた予選ではマックス・フェルスタッペンが5番手、アレクサンダー・アルボンが6番手、ピエール・ガスリーが9番手、ダニール・クビアトは14番手でした。
  • ラップ00:ポールポジションを獲得したのは金曜日の段階ではメルセデス勢に届かないのではないかと考えられていたフェラーリのセバスチャン・ベッテルでした。シャルル・ルクレールも2番手に入り、フェラーリがフロントローを独占しています。
  • ラップ00:ここで今日のスターティンググリッドを確認しておきましょう。
  • ラップ00:最前列からスタートするのはフェラーリ勢です。ポールポジションがセバスチャン・ベッテル、2番グリッドはシャルル・ルクレールです。2列目にはメルセデス勢が並びます。3番グリッドはバルテリ・ボッタス、4番グリッドはルイス・ハミルトンです。
  • ラップ00:3列目からレッドブル・ホンダ勢がスタートします。5番グリッドはマックス・フェルスタッペン、6番グリッドはアレクサンダー・アルボンです。4列目にはマクラーレン勢が並びます。7番グリッドはカルロス・サインツ、8番グリッドはランド・ノリスです。
  • ラップ00:5列目9番グリッドからピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)がスタート、10番グリッドはロマン・グロージャン(ハース)です。6列目11番グリッドはアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、12番グリッドはランス・ストロール(レーシングポイント)です。
  • ラップ00:7列目13番グリッドはキミ・ライコネン(アルファロメオ)、14番グリッドはダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)。8列目からルノー勢がスタートします。15番グリッドはニコ・ヒュルケンベルグ、16番グリッドはダニエル・リカルドです。
  • ラップ00:9列目17番グリッドはセルジオ・ペレス(レーシングポイント)、18番グリッドはジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)。最終10列目19番グリッドはケビン・マグヌッセン(ハース)、クラッシュによりシャシーを交換したロバート・クビサ(ウィリアムズ)はピットレーンからレースをスタートします。
  • ラップ00:現在の鈴鹿の天候は晴れ、気温21℃、路面温度36℃です。間もなくフォーメーションラップがスタートします。
  • ラップ00:今日のレースは予選トップ10ドライバーたちは全員ソフトタイヤでのスタートとなります。
  • ラップ00:11番グリッド以下からスタートするドライバーのうち、11番手のジョビナッツィ、13番手のライコネン、そして18番手のラッセルからマグヌッセン、クビサはミディアムタイヤでのスタート。それ以外は全員ソフトタイヤでスタートします。
  • ラップ00:フォーメーションラップがスタートしています。全車問題なくグリッドを離れています。
  • ラップ00:1時間ほど前は40℃近かった路面温度もすでに35℃にまで下がってきています。
  • ラップ00:ベッテルが最終シケインのところまで戻ってきました。
  • ラップ00:ドライバーたちがホームストレートで所定のグリッドにつき始めました。間もなくレースがスタートします。
  • ラップ01:レッドシグナルが消え、レースがスタートしました。
  • ラップ01:ベッテルが後れました。
  • ラップ01:ボッタスが前に出ました。
  • ラップ01:フェルスタッペンとルクレールが接触し、フェルスタッペンがスピンして一回転してしまいました。
  • ラップ01:フェルスタッペンがこれでほぼ最後尾に落ちてしまいました。
  • ラップ01:現在の順位はボッタス、ベッテル、ルクレール、ハミルトン、サインツ、ノリス、アルボンと続いています。
  • ラップ01:アルボンの後ろ8番手にガスリーがつけています。
  • ラップ02:レースは2周目に入りました。
  • ラップ02:ルクレールはフロントウイングの左側が路面に接触していますが、2周目にピットインすることはありませんでした。
  • ラップ02:ルクレールにチームからピットインするよう指示が出されています。
  • ラップ03:しかし、ルクレールはピットに戻ろうとはしません。
  • ラップ03:3周目に入った時点での順位を確認します。トップはボッタス、2番手ベッテル、3番手ルクレール、4番手ハミルトン、5番手サインツ、6番手ノリス、7番手アルボン、8番手ガスリー、9番手ストロール、10番手ヒュルケンベルグまでがトップ10です。
  • ラップ04:4周目にやっとルクレールがピットインしました。新しいノーズをつけ、タイヤをミディアムに交換しました。
  • ラップ04:これでルクレールが最後尾に下がりました。
  • ラップ04:これでペレスが10番手に上がっています。
  • ラップ05:ノリスがピットインしました。
  • ラップ05:現在ボッタスとベッテルのギャップは1.7秒ほどになっています。
  • ラップ05:ノリスがピットインしたのはアルボンと接触していたためだったようです。
  • ラップ06:アルボンがシケインでノリスのインに入ったところ、ノリスがそれに気付かなかったのか両者が接触してしまっていました。
  • ラップ06:ルクレールが現在18番手でファステストを刻みながら前を追いかけています。
  • ラップ06:予選で失敗したルノー勢が、ヒュルケンベルグが8番手、リカルドが11番手と着実に順位を上げてきています。
  • ラップ07:トロロッソ・ホンダのクビアトが現在15番手、フェルスタッペンがその後ろ16番手を走向しています。
  • ラップ07:先ほどいったん審議の必要なしと発表されていたルクレールとフェルスタッペンの接触ですが、今改めて審議対象となったことがアナウンスされました。
  • ラップ08:レースは8周目に入っています。
  • ラップ08:15番手に位置しているクビアトが前を走るライコネンとの差を縮めています。
  • ラップ09:ボッタスとベッテルのギャップが2.4秒ほどに広がっています。
  • ラップ09:ベッテルとハミルトンのギャップも2.4秒ほどとなっています。
  • ラップ09:そのハミルトンから9.7秒後方にサインツ、その0.7秒後方にアルボンが迫ってきています。
  • ラップ09:ルクレールがフェルスタッペンをオーバーテイクして16番手に上がりました。フェルスタッペンのペースがあまり上がってこないようです。
  • ラップ09:ベッテルがフライングスタートの疑いで審議対象となりました。
  • ラップ09:ベッテルがスタートでつまずいてしまったのは、それが原因だったのかもしれません。
  • ラップ10:フロントロウからスタートしたフェラーリですが、ベッテルもペナルティーを科せられる可能性が高くなってきました。
  • ラップ10:ルクレールは現在16番手を走向しています。
  • ラップ10:その後ろ17番手でフェルスタッペンが我慢のレースを強いられています。
  • ラップ11:ルクレールがクビアトの背後にまで迫ってきています。
  • ラップ11:アルボンはサインツの背後に迫っていますが、なかなかオーバーテイクには至りません。
  • ラップ12:ルクレールがスプーンカーブでクビアトをかわして15番手に上がりました。
  • ラップ12:路面温度はすでに31℃にまで下がってきています。
  • ラップ12:ルクレールは今度はライコネンの背後に迫っています。
  • ラップ13:ボッタスとベッテルのギャップが4.3秒に開き、ハミルトンが少しずつベッテルに近づきつつあります。
  • ラップ13:ベッテルに対するフライング容疑はおとがめなしということになったようです。
  • ラップ14:ルクレールがライコネンをオーバーテイクして14番手に浮上しました。
  • ラップ14:ボッタスとベッテルのギャップは5秒に開いています。その1.3秒後方にハミルトンがいます。
  • ラップ15:ハミルトンの後方16.1秒後方にサインツ、その1.5秒後方にアルボン、その6.1秒後方にガスリーと続いています。
  • ラップ15:フェルスタッペンがピットに向かいました。
  • ラップ15:フェルスタッペンはガレージにマシンを入れてしまいました。ここでリタイアです。
  • ラップ16:ルクレールとの接触によりマシンにダメージを負ってしまったフェルスタッペンにはもはや上位を狙う勢いは残っていなかったようです。
  • ラップ16:アルボンがピットに入りました。
  • ラップ16:アルボンはミディアムに交換して11番手でコース復帰しています。
  • ラップ17:そのアルボンの後方1.9秒にルクレールが位置しています。
  • ラップ17:ここでベッテルがピットに入りました。
  • ラップ17:ベッテルはサインツの後ろ4番手でコースに戻りました。
  • ラップ17:ボッタスにピット指示が出されています。
  • ラップ17:グロージャンもピットインしていました。
  • ラップ17:リタイアしたフェルスタッペンがレッドブルのピットウォールに姿を見せています。
  • ラップ18:ボッタスがピットインしました。ミディアムタイヤに交換しました。
  • ラップ18:ボッタスはハミルトンサインツの前2番手でコース復帰しました。
  • ラップ18:ミディアムに交換したアルボンがここでファステストを刻んでいます。
  • ラップ18:ベッテルがサインツをオーバーテイクして3番手に浮上しました。
  • ラップ18:ベッテルと前のボッタスとのギャップは9.5秒です。
  • ラップ19:ここでガスリーとストロールが同時にピットに向かいました。ジョビナッツィも入ります。
  • ラップ19:ガスリーもミディアムタイヤに交換し、12番手でコースに戻っています。
  • ラップ20:15番手で戻ったグロージャン以下ジョビナッツィ、ライコネン、マグヌッセンまではハードタイヤに交換しています。
  • ラップ20:ヒュルケンベルグとペレスもピットインしました。
  • ラップ21:現在暫定トップはまだタイヤ交換を行っていないハミルトン、その4.7秒後方にボッタス、その11秒後方にベッテルが続いています。
  • ラップ21:現在4番手のサインツと5番手にまで浮上してきたリカルドはまだタイヤ交換を行っていません。
  • ラップ21:すでにミディアムタイヤに交換したアルボンがここでリカルドをオーバーテイクして5番手に上がりました。
  • ラップ22:ここでハミルトンがピットインしました。
  • ラップ22:ハミルトンもミディアムタイヤに交換しました。
  • ラップ22:ハミルトンはベッテルの後方3番手でコース復帰しました。
  • ラップ23:現在2番手に位置しているベッテルはソフトタイヤからソフトタイヤに交換しましたので、最低もう一度ピットインしてタイヤ交換義務を果たすことが必要です。
  • ラップ23:ルクレールがすでに7番手にまで順位を上げてきています。
  • ラップ23:クビアトはまだタイヤ交換を行っておらず、現在8番手に位置しています。
  • ラップ23:ミディアムタイヤに交換したガスリーは現在10番手に位置しています。
  • ラップ25:クビアトの背後にガスリーが迫り、そのガスリーにノリスが迫っています。そのすぐ後ろにストロールとヒュルケンベルグがいる状態となっています。
  • ラップ25:まだタイヤ交換を行っていないクビアトが後続ドライバーに蓋をしている状態となっています。
  • ラップ25:ガスリーがクビアトの前に出ました。
  • ラップ26:クビアトの後ろにノリスをかわしたストロールとヒュルケンベルグが続いています。ノリスのペースが落ちています。
  • ラップ26:ノリスとルクレールがピットに入りました。
  • ラップ26:ルクレールはソフトタイヤに交換して12番手でコース復帰しました。
  • ラップ26:ノリスはハードタイヤに交換して17番手でコースに戻っています。
  • ラップ27:5番手に位置していたサインツがピットに向かいました。
  • ラップ28:まだタイヤ交換をおこなっていないクビアトをヒュルケンベルグとペレスが一気にオーバーテイクしました。
  • ラップ28:クビアトはかなりペースが落ちていますが、まだスタートタイヤであるソフトで走向を続けています。
  • ラップ28:ルクレールがクビアトをオーバーテイクして11番手に浮上しました。
  • ラップ28:まだタイヤ交換を行っていないのは現在5番手に位置しているリカルドとクビアトだけです。
  • ラップ29:しかし、今クビアトがピットに向かいました。
  • ラップ29:クビアトはミディアムタイヤに交換し、17番手でコース復帰したようです。
  • ラップ29:これで一度もピットインしていないのはリカルドだけとなっています。
  • ラップ30:レースが30周目に入った時点でのトップ10は、ボッタス、ベッテル、ハミルトン、アルボン、リカルド、サインツ、ガスリー、ストロール、ヒュルケンベルグ、ペレスとなっています。
  • ラップ30:11番手以下は、ルクレール、グロージャン、ジョビナッツィ、ライコネン、マグヌッセン、ノリス、クビアト、ラッセル、クビサとなっています。
  • ラップ30:ここまでにフェルスタッペンがリタイアとなっています。
  • ラップ30:ここでリカルドがピットに向かいました。
  • ラップ31:リカルドはソフトタイヤに交換して11番手でコースに戻りました。
  • ラップ31:ルクレールがペレスをかわして9番手に上がりました。
  • ラップ31:ルクレールは前を走るヒュルケンベルグに狙いを定めています。
  • ラップ32:ベッテルがピットインしました。
  • ラップ32:ベッテルはミディアムに交換し、3番手でコース復帰しました。
  • ラップ33:この時点でハミルトンとベッテルのギャップは20秒あります。メルセデスの1-2フィニッシュの可能性が極めて高くなっています。
  • ラップ33:全ドライバーがタイヤ交換義務を負えた時点での順位は、トップがボッタス、2番手ハミルトン、3番手ベッテル、4番手アルボン、5番手サインツ、6番手ガスリー、7番手ストロール、8番手ルクレール、9番手ヒュルケンベルグ、10番手ペレスとなっています。
  • ラップ34:11番手以下は、リカルド、グロージャン、ジョビナッツィ、ライコネン、ノリス、クビアト、マグヌッセン、ラッセル、クビサとなっています。
  • ラップ34:ルクレールがガスリーの背後に迫ってきました。
  • ラップ34:ルクレールがガスリーの真後ろに迫っています。
  • ラップ35:S字区間でガスリーとルクレールがバトルを展開しています。
  • ラップ35:ルクレールがガスリーをスプーンでオーバーテイクしました。
  • ラップ35:アルボンがここでピットインしました。
  • ラップ36:アルボンはソフトタイヤに交換し、サインツの前4番手でコース復帰しました。
  • ラップ36:メルセデスのピットに動きが出ました。
  • ラップ37:ボッタスがピットに入りました。ボッタスはここでソフトタイヤに交換し、ハミルトンの後ろ2番手でコース復帰しました。
  • ラップ37:これでランキングトップのハミルトンがトップに立ち、その9.5秒後方にボッタス、その7.7秒後方にベッテルが続く展開となっています。
  • ラップ38:ベッテルとアルボンのギャップは37秒となっており、トップ3ドライバーに何かトラブルでもない限り、ホンダがホームレースで表彰台に上ることは難しい状況となっています。
  • ラップ39:レースは残り15周となりました。
  • ラップ39:現在7番手を走向しているガスリーの背後にストロール、ヒュルケンベルグ、ペレスが迫ってきています。
  • ラップ39:ベッテルがファステストを刻みました。
  • ラップ40:現時点でのトップ10は、ハミルトン、ボッタス、ベッテル、アルボン、サインツ、ルクレール、ガスリー、ストロール、ヒュルケンベルグ、ペレスとなっています。
  • ラップ40:現在11番手に位置しているリカルドが10番手のペレスのDRS圏内に入っています。
  • ラップ41:ガスリー、ストロール、ヒュルケンベルグが3台でひとかたまりとなって7位争いを展開しています。
  • ラップ41:メルセデスがこのまま1位2位でフィニッシュすると、その時点で今季のコンストラクターズタイトル獲得が決定することになります。
  • ラップ41:リカルドがペレスをオーバーテイクしてポイント圏内の10番手に浮上しました。
  • ラップ41:ガスリーはストロールの攻撃をしのいでいます。現在7番手です。
  • ラップ43:ここでトップを走っていたハミルトンがピットに向かいました。
  • ラップ43:ハミルトンはこれでベッテルの後方3番手でコース復帰となりました。
  • ラップ44:これでボッタスがトップに返り咲きました。10.2秒後方にベッテル、その5秒後方にハミルトンです。
  • ラップ44:現在6番手に位置しているルクレールにピットインするよう指示が出ています。
  • ラップ44:フェラーリはルクレールにここでファステストポイントを狙わせる作戦かもしれません。
  • ラップ45:ルクレールはここでピットインしても順位は失わずにコース復帰できる可能性はあります。
  • ラップ45:ハミルトンがファステストを刻みました。
  • ラップ45:リカルドがヒュルケンベルグをオーバーテイクして9番手に浮上しました。
  • ラップ45:リカルドはストロールもオーバーテイクして8番手に上がりました。その1.7秒前方にガスリーがいる状態です。
  • ラップ46:ハミルトンがファステストをマークして、ベッテルとのギャップを1.3秒ほどに縮めてきました。
  • ラップ47:ハミルトンが新ラップレコードとなる1:30.983を刻みながらベッテルを追い上げています。ギャップはすでにDRS圏内の0.9秒となっています。
  • ラップ47:ベッテルの背後にハミルトンが迫ってきました。
  • ラップ47:ルクレールがピットインしました。
  • ラップ48:ルクレールはソフトタイヤに交換しました。
  • ラップ48:ルクレールは順位を失うことなく6番手でコース復帰しました。
  • ラップ48:ハミルトンがベッテルの背後に迫っています。
  • ラップ49:レースは残り5周となりました。
  • ラップ49:リカルドがガスリーをかわして7番手に上がっています。
  • ラップ49:そのガスリーの後方0.7秒にヒュルケンベルグも迫っています。
  • ラップ49:ベッテルの前に周回遅れのレーシングポイントがいます。
  • ラップ50:ストロールがベッテルとハミルトンを前に出しました。
  • ラップ50:ベッテルがヒュルケンベルグを周回遅れにしました。
  • ラップ50:ハミルトンがベッテルの背後にぴったりとくっついています。
  • ラップ51:ベッテルとハミルトンが激しいバトルを展開しています。
  • ラップ51:レースは残り3周です。
  • ラップ52:コーナーではハミルトンがベッテルの背後にくっつきますが、ストレートではベッテルがまた引き離すという展開が続いています。
  • ラップ52:ペレスがヒュルケンベルグをかわして9番手に上がっています。ペレスはそのままガスリーにも攻撃をしかけようとしています。
  • ラップ53:ボッタスがトップのままファイナルラップに入りました。
  • ラップ53:ベッテルが2番手に位置をキープしたままファイナルラップに入っています。
  • ラップ53:ここでペレスがクラッシュしてしまいました。
  • ラップ53:ポイント圏内を走向していたペレスですが、最後にクラッシュを喫してしまいました。
  • ラップ53:ボッタスがトップチェッカーを受けました。
  • ラップ53:ベッテルが2位、ハミルトンが3位でフィニッシュしました。
  • ラップ53:ファステストラップポイントはハミルトンが獲得しています。
  • ラップ53:ボッタスの優勝は今季3回目、通算6勝目です。
  • ラップ53:ボッタスが優勝し、3位でフィニッシュしたハミルトンがファステストポイントも獲得したことで、ここでメルセデスのコンストラクターズタイトル獲得が確定しました。
  • ラップ53:先ほどのペレスのクラッシュは、ガスリーをオーバーテイクしようとして両者が接触したためだったようです。
  • ラップ53:今年の日本GP決勝は、優勝バルテリ・ボッタス(メルセデス)、2位セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、3位ルイス・ハミルトン(メルセデス)が表彰台に上ります。
  • ラップ53:以下、4位アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)、5位カルロス・サインツ(マクラーレン)、6位シャルル・ルクレール(フェラーリ)、7位ダニエル・リカルド(ルノー)、8位ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)、9位ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、10位ランス・ストロール(レーシングポイント)までがトップ10フィニッシュしています。
  • ラップ53:ホンダ勢はアルボンが4位、ガスリーが8位でポイントを獲得したものの、フェルスタッペンはリタイア、クビアトは12位で終わっています。
  • ラップ53:残念ながら、ホンダのホームレースでの表彰台獲得はなりませんでした。
  • ラップ53:次戦2019年F1第18戦メキシコGPは10月25日(金)の現地時間10時(日本時間24時)にエルマノス・ロドリゲス・サーキットで開幕。決勝は現地時間10月27日(日)の13時10分(日本時間28日4時10分)にスタートします。
  • ラップ53:これでF1日本GP決勝速報を終了させていただきます。
AUS
BRN
CHN
AZE
ESP
MON
CAN
FRA
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
SIN
RUS
JPN
MEX
USA
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 381
2 V.ボッタス 314
3 C.ルクレール 249

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 695
2 フェラーリ 479
3 レッドブル 366