ランス・ストロール
11位|5P

Lance Stroll

チーム/車番 アストンマーティン/18
国籍/出身地 カナダ/モントリオール
生年月日 1998年10月29日
身長/体重 183cm/70kg
F1デビュー 2017年オーストラリアGP(ウィリアムズ)
初優勝 -
前回優勝 -

2021年の成績一覧

No. グランプリ サーキット 結果 ポイント グリット 予選順位 ファステストラップ
1 バーレーンGP バーレーン インターナショナル サーキット 10位 1 10 10位 -
2 エミリア・ロマーニャGP イモラ・サーキット 8位 4 10 10位 -
3 ポルトガルGP アウトドローモ・インターナショナル・ド・アルガルベ 14位 0 17 17位 -

過去の戦績一覧

チーム 順位 PTS 参戦 最高位 優勝 表彰台 FL BG PP
2017 ウイリアムズ 12位 40 20 3位 0 1 0 2位 0
2018 ウイリアムズ 18位 6 21 8位 0 0 0 10位 0
2019 レーシングポイント 15位 21 21 4位 0 0 0 9位 0
2020 レーシングポイント 11位 75 16 3位 0 2 0 1位 1

※PTS:獲得ポイント 参戦:参戦回数 優勝:優勝回数 表彰台:表彰台獲得回数 FL:ファステストラップ回数 BG:ベストグリッド PP:ポールポジション回数

ドライバー紹介

カナダ出身のストロールは国内やアメリカでカートレースに参戦した後、2014年にイタリアF4シリーズに参戦。ルーキーながら7勝をあげる活躍をみせ、圧倒的大差で年間チャンピオンの座についた。

翌2015年にはニュージーランドでトヨタ・レーシング・シリーズに参戦し、こちらも4勝をあげてチャンピオンに。さらにこの年にはフェラーリの若手ドライバー育成アカデミーに加わるとともにヨーロッパF3選手権にも参戦し、1勝をあげてランキング5位で終えている。

2016年にはウィリアムズと開発ドライバー契約を結ぶ一方、2シーズン目となったヨーロッパF3選手権では30戦中14勝をあげて年間チャンピオンに輝いた。

そして2017年にはウィリアムズの正ドライバーに昇格し、18歳という若さでF1デビューを飾った。

そのデビューイヤーの2017年は、第8戦アゼルバイジャンGPで3位となり初表彰台も経験。ベテラン・チームメートのフェリペ・マッサと3ポイント差の年間ランキング12位で終える活躍をみせた。

2018年もウィリアムズで2年目のF1シーズンを迎えたストロールだったが、この年のウィリアムズF1マシンは戦闘力が極めて低く、入賞は第4戦アゼルバイジャンGPでの8位、第14戦イタリアGPでの9位とわずか2回だけにとどまり、ドライバー・ランキングも18位と低迷した。

この年、カナダの富豪として知られる父親のローレンス・ストロールがフォース・インディアを買収したことにより、ランス・ストロールも2019年はレーシングポイントと名前を変えたそのチームに移籍。セルジオ・ペレスのチームメートとして3年目のF1シーズンに臨んだが、獲得ポイントは倍以上も引き離された。

2020年もピンクのカラーリングが発表されたが、合同テストに登場したマシンは19年型メルセデスAMGそのもので、関係者は“ピンクのメルセデス”と呼んだ。2度の3位表彰台を獲得したものの、結果が安定せずランキングは11位となった。

2021年は父ローレンスがアストンマーティンを買収したこともあり、チーム名はアストンマーティン、カラーリングもグリーンに変更された。チームメートには4度の王者セバスチャン・ベッテルを迎える。

コメントドライバーの評価・感想をお聞かせください

ドライバー一覧