ピエール・ガスリー
12位|12P

Pierre Gasly

チーム/車番 アルファタウリ/10
国籍/出身地 フランス/ルーアン
生年月日 1996年2月7日
身長/体重 178cm/68kg
F1デビュー 2017年マレーシアGP(トロロッソ)
初優勝 -
前回優勝 -

2020年の成績一覧

No. グランプリ サーキット 結果 ポイント グリット 予選順位 ファステストラップ
1 オーストリアGP レッドブルリンク 7位 6 12 12位 -
2 シュタイアーマルクGP レッドブルリンク 15位 0 7 8位 -
3 ハンガリーGP ハンガロリンク リタイア 0 10 10位 -
4 イギリスGP シルバーストン・サーキット 7位 6 11 11位 -

過去の戦績一覧

チーム 順位 PTS 参戦 最高位 優勝 表彰台 FL BG PP
2017 トロロッソ 21位 0 5 12位 0 0 0 14位 0
2018 トロロッソ 15位 29 21 4位 0 0 0 5位 0
2019 レッドブル/トロロッソ 7位 95 21 2位 0 1 2 4位 0

※PTS:獲得ポイント 参戦:参戦回数 優勝:優勝回数 表彰台:表彰台獲得回数 FL:ファステストラップ回数 BG:ベストグリッド PP:ポールポジション回数

ドライバー紹介

カートでレーシングキャリアをスタートさせたピエール・ガスリーは、2011年にフランスF4選手権でフォーミュラカーレースに昇格すると年間ランキング3位となる活躍を見せた。

2012年にはユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0に昇格し、翌2013年には年間チャンピオンに輝く。2014年にフォーミュラ・ルノー3.5に進んでランキング3位となると、2015年にはGP2へチャレンジするかたわらF1日本GP以降はレッドブルのリザーブドライバーを務めた。

2016年には参戦2年目となるGP2でタイトルを獲得。2017年には日本のスーパーフォーミュラに参戦し、シリーズランキング2位という成績を収めた。

その2017年のF1第15戦マレーシアGPでダニール・クビアトに代わってトロロッソからF1デビュー。第17戦アメリカGPはスーパーフォーミュラ参戦のために欠場したものの、F1で5レース出走を果たした。

2018年にトロロッソ・ホンダのフルタイムドライバーとなると、第2戦バーレーンGPで予選6番手から4位入賞を果たす活躍を見せた。しかしその後は思うようなレースができず、ホンダPUの交換によるグリッド降格ペナルティーをたびたび受けたこともあり、年間の入賞回数は5回。獲得ポイントは29でドライバー・ランキングは15位で終えている。

2019年はルノーへ移籍したダニエル・リカルドの後任としてレッドブルに昇格し、マックス・フェルスタッペンのチームメートとして新たな挑戦を始めた。しかし、新型マシンに苦労して結果を出せなかったガスリーに対し、レッドブルは夏休みに入ってすぐに新人アレクサンダー・アルボン(当時トロロッソ・ホンダ)との交代を通達する。

後半戦はトロロッソで戦うことになったガスリーだったが、後半9レースでチームメートのダニール・クビアトの年間獲得ポイントとほぼ同ポイントを獲得。F1ブラジルGPでは王者ルイス・ハミルトン(メルセデス)のプレッシャーに負けず、自身最高の2位表彰台を獲得した。

2020年はトロロッソからチーム名を変更したスクーデリア・アルファタウリ・ホンダで、再びレッドブルへの昇格のチャンスを狙う。

コメントドライバーの評価・感想をお聞かせください

ドライバー一覧