エステバン・オコン
9位|8P

Esteban Ocon

チーム/車番 アルピーヌ/31
国籍/出身地 フランス/ノルマンディー
生年月日 1996年9月17日
身長/体重 185cm/68kg
F1デビュー 2016年ベルギーGP(マノー)
初優勝 -
前回優勝 -

2021年の成績一覧

No. グランプリ サーキット 結果 ポイント グリット 予選順位 ファステストラップ
1 バーレーンGP バーレーン インターナショナル サーキット 13位 0 16 16位 -
2 エミリア・ロマーニャGP イモラ・サーキット 9位 2 9 9位 -
3 ポルトガルGP アウトドローモ・インターナショナル・ド・アルガルベ 7位 6 6 6位 -

過去の戦績一覧

チーム 順位 PTS 参戦 最高位 優勝 表彰台 FL BG PP
2016 マノー 23位 0 9 12位 0 0 0 17位 0
2017 フォース・インディア 8位 87 20 5位 0 0 0 3位 0
2018 レーシングポイント・フォース・インディア 12位 49 21 6位 0 0 0 3位 0
2020 ルノー 12位 62 17 2位 0 1 0 5位 0

※PTS:獲得ポイント 参戦:参戦回数 優勝:優勝回数 表彰台:表彰台獲得回数 FL:ファステストラップ回数 BG:ベストグリッド PP:ポールポジション回数

ドライバー紹介

フランス出身のエステバン・オコンは、カートを経て2012年にフォーミュラ・ルノー2.0でフォーミュラカーレース参戦を開始。翌年シリーズ3位となると、2014年にはヨーロッパF3に参戦し、見事年間チャンピオンとなる。この年にはロータスでF1テスト走行も行っている。

2015年にはGP3に参戦し、こちらも参戦初年度で年間チャンピオンに輝いた。この年からメルセデスの育成ドライバーとなり、メルセデス・パワーユニットの供給を受けるフォース・インディアでF1テストにも参加していた。

2016年はルノーとリザーブドライバー契約を結んでいたが、資金不足で参戦継続できなくなったリオ・ハリアントに代わって、第13戦ベルギーGPでF1デビューを果たす。この年は9レースに出走し、最高順位は第20戦ブラジルGPでの12位だった。

2017年はかつてテストを行ったこともあるフォース・インディアへ移籍。全20戦中18レースでポイントを獲得する活躍を見せ、フォース・インディアの2年連続コンストラクターズ・ランキング4位達成に大きく貢献した。

シーズン中には先輩チームメートのセルジオ・ペレスとたびたび激しい戦いを展開するなど気の強い一面も見せ、チームがお互いにバトルすることを禁止するといった事態にも発展した。

2018年もフォース・インディアに残留したものの、シーズン途中でランス・ストロールの父ローレンス・ストロール率いるコンソーシアムがチームを買収。これにより翌年の残留が難しくなったため、2019年はメルセデスAMGのリザーブ兼テストドライバーに就任。

2020年はルノーのレギュラードライバーとしてF1の表舞台に戻ってきたが、チームメートのダニエル・リカルドの約半分しかポイントを持ち帰れなかった。メルセデスの育成ドライバーから外れたものの、マネジメントは引き続きメルセデスが担当している。

2021年はF1に復帰するフェルナンド・アロンソをチームメートに迎え、成長が期待されている。

コメントドライバーの評価・感想をお聞かせください

ドライバー一覧