マーカス・エリクソン
17位|9P

Marcus Ericsson

チーム/車番 ザウバー/9
国籍/出身地 スウェーデン/クムラ
生年月日 1990年9月2日
身長/体重 180cm/69kg
F1デビュー 2014年
初優勝 -
前回優勝 -

2018年の成績一覧

No. グランプリ サーキット 結果 ポイント グリット 予選順位 ファステストラップ
1 オーストラリアGP アルバート・パーク・サーキット リタイア 0 17 17位 -
2 バーレーンGP バーレーン インターナショナル サーキット 9位 2 17 17位 -
3 中国GP 上海インターナショナルサーキット 16位 0 20 20位 -
4 アゼルバイジャンGP バクー市街地サーキット 11位 0 18 18位 -
5 スペインGP バルセロナ・カタルーニャ・サーキット 13位 0 17 17位 -
6 モナコGP モンテカルロ市街地サーキット 11位 0 16 17位 -
7 カナダGP ジル・ビルヌーブ・サーキット 15位 0 18 19位 -
8 フランスGP ポール・リカール・サーキット 13位 0 15 15位 -
9 オーストリアGP レッドブルリンク 10位 1 18 20位 -
10 イギリスGP シルバーストン・サーキット リタイア 0 15 15位 -
11 ドイツGP ホッケンハイムリンク 9位 2 13 13位 -
12 ハンガリーGP ハンガロリンク 15位 0 14 14位 -
13 ベルギーGP スパ・フランコルシャン・サーキット 10位 1 13 14位 -
14 イタリアGP モンツァ・サーキット 15位 0 18 19位 -
15 シンガポールGP マリーナ・ベイ・ストリート・サーキット 11位 0 14 14位 -
16 ロシアGP ソチ・オートドローム 13位 0 10 10位 -
17 日本GP 鈴鹿サーキット 12位 0 20 20位 -
18 アメリカGP サーキット・オブ・ジ・アメリカズ 10位 1 16 19位 -
19 メキシコGP エルマノス・ロドリゲス・サーキット 9位 2 10 10位 -
20 ブラジルGP インテルラゴス・サーキット リタイア 0 6 7位 -

過去の戦績一覧

チーム 順位 PTS 参戦 最高位 優勝 表彰台 FL BG PP
2014 ケータハム 19位 0 16 11位 0 0 0 16位 0
2015 ザウバー 18位 9 19 8位 0 0 0 9位 0
2016 ザウバー 22位 0 21 11位 0 0 0 14位 0
2017 ザウバー 20位 0 20 11位 0 0 0 11位 0

※PTS:獲得ポイント 参戦:参戦回数 優勝:優勝回数 表彰台:表彰台獲得回数 FL:ファステストラップ回数 BG:ベストグリッド PP:ポールポジション回数

ドライバー紹介

母国スウェーデンやヨーロッパのカート選手権で活躍したマーカス・エリクソンは、2007年にイギリスのフォーミュラBMWへ初参戦すると同年にタイトルを獲得。翌年はイギリスF3へステップアップし、3度の表彰台獲得を果たし、ランキング5位に入った。

09年はイギリスF3への参戦を続けながら全日本F3にも参戦。全日本では5勝を記録してタイトルを獲得。この年、ブラウンGPでF1テストにも参加している。

10年からはGP2への参戦を続けていたが、14年に小林可夢偉のチームメートとして、ケータハムからF1デビューを果たす。だが、ケータハムがロシアGP後に経営破たんに陥ったことを受け、エリクソンは15年にザウバーへ移籍。

15年と16年にはブラジル人ドライバーのフェリペ・ナッセ、17年シーズンにはパスカル・ウェーレインと組んで臨んだエリクソンだが、3シーズンを通じてチームメートとの戦いには敗れている。

だが、16年からザウバーの新オーナーとなったロングボウ・ファイナンス社と太いパイプを持つエリクソンは、18年シーズンも残留が確定。今年はフェラーリ育成ドライバーであるルーキーのシャルル・ルクレールをチームメートに迎えて、通算5年目のF1シーズンに臨むことになる。

コメントドライバーの評価・感想をお聞かせください

ドライバー一覧