マレーシアGP予選セパン・インターナショナル・サーキット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レース終了
2017年09月30日
Q3 残り00分

天候
気温:31.1℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • 001:2017年F1第15戦マレーシアGP予選は、日本時間18時開始です。
  • 002:これより、2017年F1世界選手権第15戦、マレーシアGP予選の模様をお伝えしていきます。
  • 003:マレーシアGPの舞台となるのはセパン・インターナショナル・サーキット(1周5.543km)です。決勝は56周で争われます。1999年から開催されていたマレーシアGPですが、今年が最後となります。
  • 004:前戦シンガポールGP同様サーキットはほぼ赤道に直下に位置しているため、ドライバーは高い気温と湿度に苦しめられ、体力的に厳しいレースとなります。また、熱帯特有のスコールがレースに影響することも多く、天候を味方につけられるかどうかも見どころとなります。
  • 005:今年も昨日のフリー1がスコールによって短縮されるという事態となりました。これから始まる予選は雨の影響はなさそうですが、明日の決勝日は荒れた天候となるとの予報もあります。
  • 006:このサーキットにもホームストレートとバックストレートの2か所にDRSゾーンが設けられています。前走車との間隔を測る検知ポイントは12コーナーと13コーナーの中間に1か所のみ設置されます。
  • 007:ピレリがマレーシアに持ち込んでいるドライタイヤは、スーパーソフト(赤)、ソフト(黄)、ミディアム(白)です。このうちソフトとミディアムが1セットずつ決勝用として指定されています。決勝ではこのうち少なくとも1セット以上を使用するとともに、2種類以上のタイヤを使用することが義務付けられています。
  • 008:また、予選Q3用として一番軟らかいスーパーソフトタイヤが1セット指定されています。Q3に進出できなかったドライバーはこのセットを決勝で使用することが可能となります。Q3に進出したドライバーは、Q2でベストタイムを刻んだときに使用していたタイヤセットで決勝をスタートしなくてはなりません。
  • 009:雨用タイヤには、路面の水量が多いとき向けのウエット(青)と、水量の少ないとき向けのインターミディエイト(緑)の2種類が用意されます。
  • 010:先ほど行われたフリー走行3回目では、フェラーリが1-2体制を築きました。トップタイムを刻んだのはキミ・ライコネンで、ランキング2番手のセバスチャン・ベッテルが0.162秒差で続きました。
AUS
CHN
BRN
RUS
ESP
MON
CAN
AZE
AUT
GBR
HUN
BEL
ITA
SIN
MAS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 363
2 S.ベッテル 317
3 V.ボッタス 305

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 668
2 フェラーリ 522
3 レッドブル 368

スポーツナビプラス