シンガポールGP予選マリーナ・ベイ・ストリート・サーキット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レース終了
2017年09月16日
Q3 残り00分

天候
気温:28.9℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • 001:F1シンガポールGP予選は、日本時間22時に開始されます。
  • 002:これより、2017年F1第14戦シンガポールGP予選の模様をお伝えしていきます。
  • 003:シンガポールGPの舞台となるのは、シンガポールの公道を封鎖して作られたマリーナ・ベイ・ストリート・サーキット(1周5.065km)です。決勝は61周、トータル308.828kmで争われます。
  • 004:このサーキットは、低速コーナーが中心のレイアウトになっています。そのため、ブレーキング時の安定性と、低速コーナーからの加速が重要となります。コーナー数は全部で23を数えます。
  • 005:ほぼ赤道直下に位置するため湿度と気温が高く、バンプの多い路面やコーナー数の多さと合わせてドライバーにとっては1年で最も体力的に厳しいコースだと言われています。
  • 006:DRSゾーンは2か所で、ターン5からメモリアルコーナーと呼ばれるターン7に至る直線部分とホームストレートです。
  • 007:ここに持ち込まれているドライタイヤはウルトラソフト(紫)、スーパーソフト(赤)、ソフト(黄)の3種類です。このうちスーパーソフトとソフトがそれぞれ1セットずつ決勝用として指定されています。さらに、一番軟らかいウルトラソフト1セットは予選Q3用に指定されています。
  • 008:予選Q3に進出したドライバーは予選指定ウルトラソフトをそこで使用しなくてはなりません。さらに、決勝ではQ2でベストタイムをマークした際に使用していたタイヤセットをスタート時に装着する義務があります。
  • 009:Q3に進出できなかったドライバーはQ3指定ウルトラソフトを決勝で使用することができるとともに、手持ちのタイヤの中から自由にスタート時に使用するセットをチョイスすることができます。
  • 010:今年で10回目の開催となるシンガポールGPですが、過去9年のレースではポールポジション以外からスタートしたドライバーが勝ったのはわずかに2回だけとなっています。
AUS
CHN
BRN
RUS
ESP
MON
CAN
AZE
AUT
GBR
HUN
BEL
ITA
SIN
MAS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 306
2 S.ベッテル 247
3 V.ボッタス 234

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 540
2 フェラーリ 395
3 レッドブル 303

スポーツナビプラス