アゼルバイジャンGP決勝バクー市街地サーキット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レース終了
2017年06月25日
ラップ:51/51

順位 変遷 ドライバー チーム タイム差 ピット
1 9 D.リカルド レッドブル 2:03:55.573 4
2 0 V.ボッタス メルセデスAMG +3.904 4
3 5 L.ストロール ウィリアムズ +4.009 3
4 0 S.ベッテル フェラーリ +5.976 4
5 4 L.ハミルトン メルセデスAMG +6.188 4
6 1 E.オコン フォース・インディア +30.298 4
7 5 K.マグヌッセン ハース +41.753 3
8 7 C.サインツ トロ・ロッソ +49.400 3
9 10 F.アロンソ マクラーレン +59.551 3
10 4 P.ウェーレイン ザウバー +1:29.093 5
11 6 M.エリクソン ザウバー +1:31.794 3
12 6 S.バンドーン マクラーレン +1:32.160 4
13 3 R.グロージャン ハース + 1Lap 5
14 11 K.ライコネン フェラーリ + 1Lap 3
- - S.ペレス フォース・インディア Broken Seat 3
- - F.マッサ ウィリアムズ サスペンション 3
- - N.ヒュルケンベルグ ルノー アクシデント 3
- - M.フェルスタッペン レッドブル エンジン 1
- - D.クビアト トロ・ロッソ 電気系統 0
- - J.パーマー ルノー ブレーキ 0
天候
気温:27.8℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • ラップ00:2017年F1アゼルバイジャンGP決勝は、日本時間22時から開始です。
  • ラップ00:これより、アゼルバイジャンGP決勝の模様をお伝えしていきます。
  • ラップ00:F1アゼルバイジャンGPの舞台となるのは、カスピ海に面した歴史ある首都バクーに設けられた市街地サーキット(全長6.003km)です。決勝は51周で争われます。
  • ラップ00:このコースも、F1サーキット設計者として知られるヘルマン・ティルケがデザインしたもので、かつてソビエト連邦時代にはレーニン広場と呼ばれていた自由の広場に隣接するエリアにピットやスタートラインが設けられています。
  • ラップ00:コースの途中には世界遺産として有名なシルヴァンシャー宮殿や乙女の塔が間近に見える部分や狭い旧市街地を走り抜ける部分なども設けられており、ほかのF1レースとはかなり違う雰囲気が醸し出されます。
  • ラップ00:通常とは逆の反時計回りのサーキットとなっており、コーナーの数は全部で20です。市街地コースながら1周もかなり長く、現在のF1カレンダーの中ではベルギーのスパ・フランコルシャンに次いで2番目に長いコースとなります。
  • ラップ00:また、2kmにも及ぶ直線部分があり、昨年の決勝ではルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が時速約365kmを記録した地点もあります。
  • ラップ00:今年のF1マシンはレギュレーションの大幅変更によって車幅・タイヤ幅が拡大されたことによる空気抵抗の増加で最高速は昨年よりは遅くなっています。それでも昨日の予選ではダニエル・リカルド(レッドブル)が最高時速356kmを記録しています。
  • ラップ00:逆に、コーナリングスピードの向上により、ポールポジションタイムは昨年よりも2秒以上短縮されています。コーナリングスピードやレイトブレーキングが可能となった反面、コーナーでミスを犯すドライバーも増え、金曜の段階では非常に多くの黄旗が提示される展開ともなりました。
  • ラップ00:F1の伝統的な市街地コースであるモナコなどに比べると道幅の広い部分もありますが、それでも追い抜きはそれほど簡単ではありません。しかし、ミスやアクシデントによるセーフティカー導入の可能性もあり、展開によっては荒れたレースとなることも想定されます。
AUS
CHN
BRN
RUS
ESP
MON
CAN
AZE
AUT
GBR
HUN
BEL
ITA
SIN
MAS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 S.ベッテル 202
2 L.ハミルトン 188
3 V.ボッタス 169

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 357
2 フェラーリ 318
3 レッドブル 184

スポーツナビプラス