モナコGP決勝モンテカルロ市街地サーキット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レース終了
2017年05月28日
ラップ:78/78

順位 変遷 ドライバー チーム タイム差 ピット
1 1 S.ベッテル フェラーリ 1:44:44.340 1
2 1 K.ライコネン フェラーリ +3.145 1
3 2 D.リカルド レッドブル +3.745 1
4 1 V.ボッタス メルセデスAMG +5.517 1
5 1 M.フェルスタッペン レッドブル +6.199 2
6 0 C.サインツ トロ・ロッソ +12.038 1
7 6 L.ハミルトン メルセデスAMG +15.801 1
8 0 R.グロージャン ハース +18.150 1
9 5 F.マッサ ウィリアムズ +19.445 2
10 1 K.マグヌッセン ハース +21.443 2
11 5 J.パーマー ルノー +22.737 1
12 3 E.オコン フォース・インディア +23.725 3
13 6 S.ペレス フォース・インディア +39.089 3
- - L.ストロール ウィリアムズ ブレーキ 3
- - D.クビアト トロ・ロッソ アクシデント 1
- - S.バンドーン マクラーレン アクシデント 1
- - M.エリクソン ザウバー アクシデント 1
- - J.バトン マクラーレン アクシデント 2
- - P.ウェーレイン ザウバー アクシデント 1
- - N.ヒュルケンベルグ ルノー ギアボックス 0
天候
気温:26.1℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • ラップ00:2017年F1モナコGP決勝は、日本時間21時から開始です。
  • ラップ00:これより、2017年F1世界選手権第6戦モナコGP決勝の模様をお伝えしていきます。
  • ラップ00:モナコGPの舞台となるのはモンテカルロ市街地サーキット(全長3.337km)です。決勝は78周で争われます。
  • ラップ00:モンテカルロの公道を閉鎖し、ガードレールで囲んだサーキットのため、コース幅が非常に狭く、曲がりくねっているのが特徴です。もちろん、コース上での追い抜きはほぼ不可能ですし、ミスをするとすぐガードレールにクラッシュし、リタイアへとつながることになります。従って、セーフティカーが導入される可能性も高いコースです。
  • ラップ00:現時点でドライバーズランキングのトップに立っているのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルで、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンがそれを6ポイント差で追っています。
  • ラップ00:しかし、昨日の予選ではベッテルが2番手を確保したものの、ハミルトンはQ2の最初のアタックでうまくタイムを出すことができず、最後のアタックではストフェル・バンドーン(マクラーレン)のクラッシュによる黄旗でタイム更新がさまたげられ、まさかの14番手に終わりました。
  • ラップ00:モナコは追い抜きが難しいサーキットだけに、いかにハミルトンと言えどもそう簡単に順位を上げることは難しいと予想されますので、ベッテルにとってはここでハミルトンとの差を一気に広げるチャンスが訪れたことになります。
  • ラップ00:そのベッテルをおさえてポールポジションを獲得したのはチームメートのキミ・ライコネンでした。ライコネンにとっては2008年のフランスGP以来9年ぶりとなるポールです。ライコネンは2005年にモナコでポール・トゥ・ウィンを飾っており、今年は12年ぶりにその再現を狙うことになります。
  • ラップ00:今年通算5回目のF1タイトル獲得を目指すベッテルとしても、是が非でも今季3勝目をあげたいところですからフェラーリのチームメート同士の戦いにも注目です。
  • ラップ00:2台のフェラーリが最前列から並んでスタートしますが、その後ろからはバルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がチャンスを狙っています。まずはスタートの攻防から目が離せない状況となるのは間違いないでしょう。
AUS
CHN
BRN
RUS
ESP
MON
CAN
AZE
AUT
GBR
HUN
BEL
ITA
SIN
MAS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 306
2 S.ベッテル 247
3 V.ボッタス 234

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 540
2 フェラーリ 395
3 レッドブル 303

スポーツナビプラス