バーレーンGP予選バーレーン インターナショナル サーキット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レース終了
2017年04月16日
Q3 残り00分

天候
気温:28.9℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • 001:2017年F1第3戦バーレーンGP予選は、日本時間24時から開始です。
  • 002:これより、2017年F1世界選手権第3戦バーレーンGP予選の模様をお伝えしていきます。
  • 003:これから、バーレーンの首都マナマ近郊に位置するバーレーン・インターナショナル・サーキット(全長5.412km)で、今季のF1第3戦バーレーンGP予選が開始されます。
  • 004:バーレーンは気温が高く、それがレースカーやタイヤに大きな影響を及ぼすサーキットです。2014年からトワイライトレースとして行われており、予選と決勝はちょうど日没を迎える時点でスタートし、その後ナイトレースと転じていきます。このため、路面温度が下がってくることによるコンディション変化への対応がひとつのカギとなります。
  • 005:先ほど行われたフリー走行3回目では、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークし、それにルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)、キミ・ライコネン(フェラーリ)が続く展開となりました。
  • 006:しかし、FP3が行われた時間帯とこれから予選が行われる時間帯では路面温度などのコンディションが変わるため、あまりFP3での順位は参考とはならないかもしれません。これまでの経緯を見る限り、ポールポジション争いはハミルトンとベッテルを中心に展開されていく可能性が高いと考えられます。
  • 007:しかし、ハミルトンはここまでなかなかクリアラップを取るのに苦労しており、先ほどのFP2でもセクター2まで全体ベストを刻みながら、最終セクターでタイムをロスしていました。予選でも、うまく1周をまとめることができるかどうかが大きな課題となりそうです。
  • 008:昨日のフリー走行ではフェラーリの2台にトラブルが発生していましたが、FP3は大きな問題なく終えることができていたようです。しかし、ほかのサーキットよりも温度が高く、クルマの負担も大きくなるため、マシンの信頼性や予期せぬトラブルが結果に影響を及ぼす可能性もまだ残されています。
  • 009:期待のマクラーレン・ホンダですが、ここバーレーンでも初日にストフェル・バンドーンのエンジンがトラブルを抱えてしまいました。FP3ではフェルナンド・アロンソが12番手、バンドーンは15番手となっています。
  • 010:マクラーレン・ホンダはここまでの2レースではいずれもアロンソが予選Q2へ進出しており、今日は今季初のQ3進出への期待がかかっています。バンドーンとしても、今季初の予選Q1突破を目指したいところです。
AUS
CHN
BRN
RUS
ESP
MON
CAN
AZE
AUT
GBR
HUN
BEL
ITA
SIN
MAS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 S.ベッテル 068
2 L.ハミルトン 061
3 V.ボッタス 038

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 フェラーリ 102
2 メルセデスAMG 099
3 レッドブル 047

スポーツナビプラス