ブラジルGP決勝インテルラゴス・サーキット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レース終了
2016年11月14日
ラップ:71/71

順位 変遷 ドライバー チーム タイム差 ピット
1 0 L.ハミルトン メルセデスAMG 3:01:01.335 0
2 0 N.ロズベルグ メルセデスAMG +11.455 0
3 1 M.フェルスタッペン レッドブル +21.481 3
4 5 S.ペレス フォース・インディア +25.346 0
5 0 S.ベッテル フェラーリ +26.334 1
6 9 C.サインツ トロ・ロッソ +29.160 0
7 1 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア +29.827 1
8 2 D.リカルド レッドブル +30.486 3
9 12 F.ナスル ザウバー +42.620 0
10 0 F.アロンソ マクラーレン +44.432 1
11 0 V.ボッタス ウィリアムズ +45.292 2
12 10 E.オーコン マノー +45.809 0
13 1 D.クビアト トロ・ロッソ +51.192 2
14 4 K.マグヌッセン ルノー +51.555 2
15 4 P.ウェーレイン マノー +1:00.498 1
16 1 J.バトン マクラーレン +1:21.994 3
- - E.グティエレス ハース Electronics 2
- - F.マッサ ウィリアムズ アクシデント 2
- - J.パーマー ルノー アクシデント 2
- - K.ライコネン フェラーリ アクシデント 0
- - M.エリクソン ザウバー アクシデント 1
- - R.グロージャン ハース 未出走 0
天候
気温:17.8℃
路面:ウエット
テキスト速報
  • ラップ00:2016年F1第20戦ブラジルGP決勝は午前1時スタートです。
  • ラップ00:これより、2016年F1第20戦ブラジルGP決勝の模様をお伝えしていきます。
  • ラップ00:今季のF1も残すところあと2戦となりました。ブラジルGPの舞台となるのはサンパウロのインテルラゴス・サーキット(1周4.309km)です。決勝は71周、トータル305.909kmで争われます。
  • ラップ00:今日のインテルラゴスはウエットコンディションとなっています。今入った情報をお伝えしておきますと、悪コンディションのため、レース開始時刻が10分遅らされることになりました。現時点での決勝スタート予定時刻は、日本時間の午前1時10分となります。
  • ラップ00:このコースは序盤と終盤に長いストレート区間があるものの、コース中盤は曲がりくねっており、低速から高速のコーナーまでそろった、クルマの総合力が求められるコースです。
  • ラップ00:通常のサーキットとは逆の反時計回りであることに加え、ロングカーブがあることから、ドライバーの首にはいつものレースとは逆の方向に大きな負荷がかかることになります。ドライバーにとっては体力的負担が大きいコースでもあります。
  • ラップ00:今日も雨となりましたが、ブラジルGPは雨がレース展開に大きな影響を与えることが多いことでも知られています。2008年にはレース終盤に降った雨の影響によってルイス・ハミルトン(当時マクラーレン)が劇的なタイトル獲得を果たしたことも有名なエピソードとなっています。
  • ラップ00:そして、今日のブラジルGP決勝も雨となりました。現時点ではそれほど強くはありませんが雨が降り続いています。
  • ラップ00:そして、レース開始前にすでにその雨のワナにはまったドライバーも出てしまいました。ハースのロマン・グロージャンが、決勝開始に備えてコースに出たところ、ターン13でコントロールを失ってスピン。そのまま右側のウォールにクラッシュしてしまい、マシンに大きなダメージを負ってしまうというアクシデントが発生してしまいました。
  • ラップ00:これにより、グロージャンはせっかく今季の予選自己最高位となる7番グリッドを手にしていたものの、決勝をスタートすることができなくなっています。
AUS
CHN
BRN
RUS
ESP
MON
CAN
AZE
AUT
GBR
HUN
BEL
ITA
SIN
MAS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 S.ベッテル 025
2 L.ハミルトン 018
3 V.ボッタス 015

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 フェラーリ 037
2 メルセデスAMG 033
3 レッドブル 010

スポーツナビプラス