掲載情報は2016年のものです。

カナダGP決勝ジル・ビルヌーブ・サーキット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レース終了
2016年06月13日
ラップ:70/70

順位 変遷 ドライバー チーム タイム差 ピット
1 0 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:31:05.296 1
2 1 S.ベッテル フェラーリ +5.011 2
3 4 V.ボッタス ウィリアムズ +46.422 1
4 1 M.フェルスタッペン レッドブル +53.020 2
5 3 N.ロズベルグ メルセデスAMG +1:02.093 2
6 0 K.ライコネン フェラーリ +1:03.017 2
7 3 D.リカルド レッドブル +1:03.634 2
8 1 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア + 1Lap 2
9 11 C.サインツ トロ・ロッソ + 1Lap 2
10 1 S.ペレス フォース・インディア + 1Lap 2
11 1 F.アロンソ マクラーレン + 1Lap 1
12 3 D.クビアト トロ・ロッソ + 1Lap 2
13 0 E.グティエレス ハース + 2Laps 2
14 0 R.グロージャン ハース + 2Laps 3
15 6 M.エリクソン ザウバー + 2Laps 2
16 6 K.マグヌッセン ルノー + 2Laps 1
17 0 P.ウェーレイン マノー + 2Laps 2
18 0 F.ナスル ザウバー + 2Laps 2
19 0 R.ハリアント マノー + 2Laps 2
- - F.マッサ ウィリアムズ Overheating 2
- - J.パーマー ルノー エンジン 1
- - J.バトン マクラーレン エンジン 0
天候
気温:12.2℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • ラップ00:2016年F1カナダGP決勝は午前3時に開始されます。
  • ラップ00:これより、カナダGP決勝の模様をお伝えしていきます。
  • ラップ00:カナダGPの舞台となるのは、モントリオールのセントローレンス川に浮かぶ中州に作られたジル・ビルヌーブ・サーキット(1周4.361km)です。決勝は70周で争われます。
  • ラップ00:カナダ出身の伝説的F1ドライバー、ジル・ビルヌーブの名が冠されたサーキットは、長いストレートを低速のコーナーで結んだレイアウトが特徴の、いわゆる「ストップ・アンド・ゴー」のサーキットです。
  • ラップ00:ストレートの終わりで大きく減速し、コーナーを抜けてまた加速するということを繰り返すため、ストレートでの最高速、そしてブレーキング時の安定性が重要になります。激しいブレーキングを繰り返すことから、F1サーキットの中でも特にブレーキに厳しいコースです。
  • ラップ00:また、1周を速く走るためには低速コーナーで縁石をうまく使うことが必要になることから、縁石を積極的に使えるようなサスペンションセッティングも必要です。
  • ラップ00:このジル・ビルヌーブ・サーキットは公園内に作られたサーキットであるため、コースの大部分でコンクリート製の壁がコース間際に設置されています。そのため、ミスをした場合には壁にクラッシュする可能性が高く、セーフティカーが導入される確率も非常に高くなっています。
  • ラップ00:特に最終シケインには高い縁石が設置されていることから、縁石に乗りすぎてしまうとバランスを崩し、クルマのコントロールを失ってアウト側の壁に激突するというクラッシュが毎年のように発生します。歴代のF1王者の多くがここでクラッシュしたことから、ウォール・オブ・チャンピオンズ(王者の壁)という別名までついており、カナダの名物コーナーになっています。
  • ラップ00:DRSゾーンは2か所です。ターン12から最終シケインの手前までと、最終シケインを立ち上がったホームストレートに連続して設けられており、前車との間隔を計測する検知ポイントはターン9の立ち上がり部分に1か所だけ設けられています。決勝ではこの検知ポイントで前車との間隔が1秒以内の場合に限ってDRSを使用することが許されます。
  • ラップ00:さて、天候が心配された今年のカナダGP決勝ですが、現在のモントリオールの天候は曇り、気温12℃、路面温度24℃です。
AUS
BRN
CHN
RUS
ESP
MON
CAN
EUR
AUT
GBR
HUN
GER
BEL
ITA
SIN
MAS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 N.ロズベルグ 385
2 L.ハミルトン 380
3 D.リカルド 256

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 765
2 レッドブル 468
3 フェラーリ 398

スポーツナビプラス