モナコGP決勝モンテカルロ市街地サーキット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レース終了
2016年05月29日
ラップ:78/78

順位 変遷 ドライバー チーム タイム差 ピット
1 2 L.ハミルトン メルセデスAMG 1:59:29.133 1
2 1 D.リカルド レッドブル +7.252 2
3 4 S.ペレス フォース・インディア +13.825 2
4 0 S.ベッテル フェラーリ +15.846 2
5 4 F.アロンソ マクラーレン +1:25.076 2
6 1 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア +1:32.999 2
7 5 N.ロズベルグ メルセデスAMG +1:33.290 2
8 2 C.サインツ トロ・ロッソ + 1Lap 2
9 4 J.バトン マクラーレン + 1Lap 2
10 4 F.マッサ ウィリアムズ + 1Lap 2
11 1 V.ボッタス ウィリアムズ + 1Lap 3
12 0 E.グティエレス ハース + 1Lap 2
13 2 R.グロージャン ハース + 2Laps 2
14 6 P.ウェーレイン マノー + 2Laps 1
15 4 R.ハリアント マノー + 4Laps 3
- - M.エリクソン ザウバー アクシデント 4
- - F.ナスル ザウバー アクシデント 3
- - K.マグヌッセン ルノー アクシデント 5
- - M.フェルスタッペン レッドブル アクシデント 2
- - D.クビアト トロ・ロッソ アクシデント 4
- - K.ライコネン フェラーリ アクシデント 0
- - J.パーマー ルノー アクシデント 0
天候
気温:17.8℃
路面:ドライ
テキスト速報
  • ラップ00:2016年F1モナコGP決勝は、日本時間21時から開始です。
  • ラップ00:これより、2016年F1世界選手権第6戦モナコGP決勝の模様をお伝えしていきます。
  • ラップ00:モナコGPの舞台となるのは、モンテカルロの公道を閉鎖して設けられたモンテカルロ市街地サーキット(全長3.337km)です。決勝は78周で争われます。
  • ラップ00:ガードレールで囲んだサーキットのため、コース幅が非常に狭く、曲がりくねっているのが特徴です。もちろん、コース上での追い抜きはほぼ不可能ですし、ミスをするとすぐガードレールにクラッシュし、リタイアへとつながることになります。従って、セーフティカーが導入される可能性も高くなっています。
  • ラップ00:シケインやヘアピンが多い曲がりくねったコースのため、ここを攻略するには低速コーナーでの性能やコーナー出口での加速力、ブレーキング時の安定性などが重要になります。高速コーナーは少ないため、空力によるグリップの高さよりは、サスペンションのセッティングなどによる「メカニカルグリップ」の高さがより重要になるコースでもあります。
  • ラップ00:しかも、昨日まではドライコンディションで進んできた今年のモナコですが、今日はウエットコンディションになってしまいました。
  • ラップ00:現在のモナコの天候は小雨で、気温は17℃、路面温度は19℃となっています。
  • ラップ00:現在、それほど強くはないものの、雨がまだ落ちている状況で、路面はかなり濡れています。当然ながら雨用タイヤでのスタートとなります。
  • ラップ00:雨用タイヤには水量が多いときに用いるウエットと、比較的水量が少ないとき用のインターミディエイトの2種類があります。ウエットの識別色は青、インターミディエイトは緑となっています。
  • ラップ00:なお、このレースはセーフティカー先導でスタートし、その後ローリングスタートによってバトルが開始されることになっています。セーフティカー先導となったことで、全車青色が施されたウエットタイヤの装着が義務付けられます。
AUS
CHN
BRN
RUS
ESP
MON
CAN
AZE
AUT
GBR
HUN
BEL
ITA
SIN
MAS
JPN
USA
MEX
BRA
UAE

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 263
2 S.ベッテル 235
3 V.ボッタス 212

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 475
2 フェラーリ 373
3 レッドブル 230

スポーツナビプラス