シャルル・ルクレール
7位|57P

Charles Leclerc

チーム/車番 フェラーリ/16
国籍/出身地 モナコ/モンテカルロ
生年月日 1997年10月16日
身長/体重 180cm/68kg
F1デビュー 2018年オーストラリアGP(ザウバー)
初優勝 2019年ベルギーGP(フェラーリ)
前回優勝 2019年イタリアGP(フェラーリ)

2020年の成績一覧

No. グランプリ サーキット 結果 ポイント グリット 予選順位 ファステストラップ
1 オーストリアGP レッドブルリンク 2位 18 7 7位 -
2 シュタイアーマルクGP レッドブルリンク リタイア 0 14 11位 -
3 ハンガリーGP ハンガロリンク 11位 0 6 6位 -
4 イギリスGP シルバーストン・サーキット 3位 15 4 4位 -
5 F1 70周年記念GP シルバーストン・サーキット 4位 12 8 8位 -
6 スペインGP バルセロナ・カタルーニャ・サーキット リタイア 0 9 9位 -
7 ベルギーGP スパ・フランコルシャン・サーキット 14位 0 13 13位 -
8 イタリアGP モンツァ・サーキット リタイア 0 13 13位 -
9 トスカーナGP ムジェロ・サーキット 8位 4 5 5位 -
10 ロシアGP ソチ・オートドローム 6位 8 10 11位 -

過去の戦績一覧

チーム 順位 PTS 参戦 最高位 優勝 表彰台 FL BG PP
2018 ザウバー 13位 39 21 6位 0 0 0 7位 0
2019 フェラーリ 4位 264 21 1位 2 10 4 1位 7

※PTS:獲得ポイント 参戦:参戦回数 優勝:優勝回数 表彰台:表彰台獲得回数 FL:ファステストラップ回数 BG:ベストグリッド PP:ポールポジション回数

ドライバー紹介

2005年からカートレースを始め、数々のタイトルを獲得したシャルル・ルクレールは2014年からフォーミュラカーレース挑戦を開始。フォーミュラ・ルノー2.0アルプスシリーズで総合2位となる活躍を見せた。

翌2015年にはヨーロッパF3選手権に昇格。年間ランキングは4位でルーキー・チャンピオンに輝いた。

2016年にGP3選手権にステップアップすると、初年度に見事チャンピオンに輝いた。この年からフェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員となり、F1第10戦イギリスGPではフェラーリエンジンを搭載するハースから金曜フリー走行1回目に出走するチャンスを得た。

2017年はF2選手権に昇格し、7勝をあげて年間チャンピオンとなる。この年はやはりフェラーリエンジンを使用するザウバーの開発ドライバーを務め、4レースで金曜フリー走行1回目に出走している。

2018年にはフェラーリとの関係を強化し、アルファロメオをタイトルスポンサーに迎えたザウバーのシートを獲得。デビューシーズンに10回の入賞を果たし、5年目のF1シーズンを迎えていたチームメートのマーカス・エリクソンに30ポイント差をつける合計39ポイントを獲得して、ドライバー・ランキング13位につけた。

前年の最下位チームであったザウバーをコンストラクターズランキング8位に押し上げる原動力となったルクレールは、その活躍によりF1デビューわずか2年目にして名門フェラーリのシートを獲得した。

2019年は4度F1王者となった実績を持つセバスチャン・ベッテルのチームメートとして赤い跳ね馬を駆り、ベルギーGPとイタリアGPでの2勝を含む10回の表彰台、4度のファステストラップ、そしてシーズン最多となる7度のポールポジションを獲得し、ベッテルを24ポイントも上回るランキング4位で終えた。ちなみにフェラーリが地元イタリアGPで優勝したのは9年ぶりで、すでにフェラーリのエースと言われるまで成長。クリスマス前にはフェラーリと2024年末まで5年間の契約延長をしたことが発表された。

コメントドライバーの評価・感想をお聞かせください

ドライバー一覧