掲載情報は2016年のものです。

カルロス・サインツ
12位|46P

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Carlos Sainz Jr.

チーム/車番 トロ・ロッソ/55
国籍/出身地 スペイン/マドリード
生年月日 1994年9月1日
身長/体重 178cm/66kg
F1デビュー 2015年
初優勝 -
前回優勝 -

2016年の成績一覧

No. グランプリ サーキット 結果 ポイント グリット 予選順位 ファステストラップ
1 オーストラリアGP アルバート・パーク・サーキット 9位 2 7 7位 -
2 バーレーンGP バーレーン インターナショナル サーキット リタイア 0 11 11位 -
3 中国GP 上海インターナショナルサーキット 9位 2 8 8位 -
4 ロシアGP ソチ・オートドローム 12位 0 11 11位 -
5 スペインGP バルセロナ・カタルーニャ・サーキット 6位 8 8 8位 -
6 モナコGP モンテカルロ市街地サーキット 8位 4 6 7位 -
7 カナダGP ジル・ビルヌーブ・サーキット 9位 2 20 16位 -
8 ヨーロッパGP バクー市街地サーキット リタイア 0 18 13位 -
9 オーストリアGP レッドブルリンク 8位 4 15 16位 -
10 イギリスGP シルバーストン・サーキット 8位 4 7 8位 -
11 ハンガリーGP ハンガロリンク 8位 4 6 6位 -
12 ドイツGP ホッケンハイムリンク 14位 0 15 13位 -
13 ベルギーGP スパ・フランコルシャン・サーキット リタイア 0 14 15位 -
14 イタリアGP モンツァ・サーキット 15位 0 15 16位 -
15 シンガポールGP マリーナ・ベイ・ストリート・サーキット 14位 0 6 6位 -
16 マレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキット 11位 0 16 16位 -
17 日本GP 鈴鹿サーキット 17位 0 14 14位 -
18 アメリカGP サーキット・オブ・ジ・アメリカズ 6位 8 10 10位 -
19 メキシコGP エルマノス・ロドリゲス・サーキット 16位 0 10 10位 -
20 ブラジルGP インテルラゴス・サーキット 6位 8 15 15位 -
21 アブダビGP ヤス・マリーナ・サーキット リタイア 0 21 21位 -

過去の戦績一覧

チーム 順位 PTS 参戦 最高位 優勝 表彰台 FL BG PP
2015 トロ・ロッソ 15位 18 19 7位 0 0 0 5位 0

※PTS:獲得ポイント 参戦:参戦回数 優勝:優勝回数 表彰台:表彰台獲得回数 FL:ファステストラップ回数 BG:ベストグリッド PP:ポールポジション回数

ドライバー紹介

2度WRC(世界ラリー選手権)を制した父親のカルロス・サインツと同じ名前を持つサインツは、ほかの多くのドライバー同様カートでレースキャリアをスタート。2008年にはKF3クラスのアジア・パシフィック・シリーズでタイトルを獲得している。

2010年にはレッドブルの育成ドライバーとしてフォーミュラBMWヨーロッパ選手権にエントリーしランキング4位となったほか、数々のシリーズに参戦して経験を積む。2011年にはフォーミュラ・ルノー、2012年はF3、2013年にはフォーミュラ・ルノー3.5シリーズと、順調にステップアップを果たすと、2014年にはフォーミュラ・ルノー3.5シリーズのチャンピオンに輝いた。

こうした活躍により、2015年にレッドブルに昇格したダニール・クビアトの後任として、トロ・ロッソからF1デビューを果たした。チームメートは17歳のF1ドライバー誕生ということで大きな話題を呼んだマックス・フェルスタッペンだった。

2015年シーズンはルノーパワーユニットのトラブルに見舞われることも多く、年間成績は18ポイントでランキング15位だった。49ポイントをあげてランキング12位となったフェルスタッペンには水をあけられた形だが、随所に才能の片りんを見せ、実力的にはフェルスタッペンに比べてもそん色ないと言われている。

フェルスタッペンとともに迎える2年目のF1シーズン、チームはルノーに替えてフェラーリのパワーユニットを搭載することもあり、さらなる活躍が期待されている。

コメントドライバーの評価・感想をお聞かせください

ドライバー一覧

スポーツナビプラス