ランド・ノリス
4位|12P

Lando Norris

チーム/車番 マクラーレン/4
国籍/出身地 イギリス/ブリストル
生年月日 1999年11月13日
身長/体重 170cm/64kg
F1デビュー 2019年オーストラリアGP(マクラーレン)
初優勝 -
前回優勝 -

2021年の成績一覧

No. グランプリ サーキット 結果 ポイント グリット 予選順位 ファステストラップ
1 バーレーンGP バーレーン インターナショナル サーキット 4位 12 7 7位 -
2 エミリア・ロマーニャGP イモラ・サーキット 3位 15 7 7位 -

過去の戦績一覧

チーム 順位 PTS 参戦 最高位 優勝 表彰台 FL BG PP
2019 マクラーレン 11位 49 21 6位 0 0 0 5位 0
2020 マクラーレン 9位 97 17 3位 0 1 2 3位 0

※PTS:獲得ポイント 参戦:参戦回数 優勝:優勝回数 表彰台:表彰台獲得回数 FL:ファステストラップ回数 BG:ベストグリッド PP:ポールポジション回数

ドライバー紹介

7歳からカートを始めたランド・ノリスは、数々のタイトルを獲得する活躍を見せた。そして2015年にMSAフォーミュラ選手権にステップアップすると参戦初年度にして見事に年間チャンピオンに輝いた。

2016年にはユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0、フォーミュラ・ルノー2.0NEC、さらにトヨタ・レーシング・シリーズでもチャンピオンとなる活躍を見せた。

2017年にはマクラーレンと育成ドライバー契約を結ぶと、8月にハンガロリンクで行われた公式F1テストに登場し、数日前にフェルナンド・アロンソがF1ハンガリーGP予選で刻んだタイムを上回るパフォーマンスを示し、一躍その名がF1界にとどろくこととなった。

この年にはヨーロッパF3選手権に挑戦し、ここでも圧倒的な強さで年間タイトルを勝ち取っている。

2018年はマクラーレンのテスト兼リザーブドライバーを務める傍らF2シリーズにフル参戦。2019年にウィリアムズからF1デビューを飾るジョージ・ラッセルに次ぐランキング2位となった。

こうした活躍を買われ、2019年はマクラーレンでついにF1デビューを飾り、チームをランキング4位に引き上げた。しかし、自身は49ポイントを獲得しドライバーランキング11位になったのに対し、96ポイントを獲得しランキング6位になったチームメートのカルロス・サインツからやや離された。

2020年は開幕戦で自身初となる3位表彰台を獲得するなどしてランキング9位となったものの、チームメートのカルロス・サインツには8ポイント届かなかった。

2021年はチームメートに実力派ダニエル・リカルドを迎え、ノリスにとって重要な年になることだろう。

また、ノリスはゲーマーとしての実力も高く、さらに自分のヘルメットをデザインしてペイントするという趣味を持っている。

コメントドライバーの評価・感想をお聞かせください

ドライバー一覧