サーキット

ソチ・オートドローム開催GP:ロシアGP

開催地 ロシア/ソチ
全長/周回数 5.848km/53周
走行距離 309.745km
コースのタイプ 市街地サーキット
開催回数 6回
日本との時差 6時間
レコードラップ 2019年 L.ハミルトン
(メルセデスAMG)
1.35.761

レース結果

開催日 優勝 ポールポジション
初開催 2014年10月12日 L.ハミルトン L.ハミルトン
前回優勝 2019年9月29日 L.ハミルトン C.ルクレール
今シーズン 2020年9月27日 - -

サーキット情報

2014年にF1ロシアGPが初開催されたソチ・オートドロームは、2014年ソチ冬季オリンピックのメイン会場跡地を利用して作られたサーキットだ。

黒海に面し、背景にはコーカサス山脈の雄大な景色が広がるという風光明媚なサーキットとしても知られている。

オリンピック開催跡地を利用しただけに、90度コーナーが多い市街地コースのようなレイアウトとなっている。しかし、高速区間や中速コーナーなどもあり、さまざまな要素が組み合わされたテクニカルコースだ。

現在F1が行われているサーキットの中では、ベルギーのスパ・フランコルシャン、アゼルバイジャンのバクー市街地サーキット、イギリスのシルバーストンに次いで4番目に長いサーキットとなる。全部で18のコーナーで構成されており、そのうち右コーナーが12、左コーナーが6か所となる。

2014年と2015年はシーズン後半の10月にレースが開催されていたが、2016年から2年間はシーズン序盤の開催となっていた。だが2018年から再び後半戦として開催されている。