サーキット

上海インターナショナルサーキット開催GP:中国GP

開催地 中国/上海
全長/周回数 5.451km/56周
走行距離 305.066km
コースのタイプ 常設サーキット
開催回数 16回
日本との時差 1時間
レコードラップ 2004年 M.シューマッハ
(フェラーリ)
1.32.238

レース結果

開催日 優勝 ポールポジション
初開催 2004年9月26日 R.バリチェロ R.バリチェロ
前回優勝 2019年4月14日 L.ハミルトン V.ボッタス
今シーズン - - -

サーキット情報

2004年からF1中国GPを開催しているこのサーキットは、コース全体が「上」という漢字をモチーフとしたレイアウトとなっているのが特徴だ。低速から高速のコーナーが組み合わされ、長いストレートもあることから、クルマのセッティングも難しいことで知られている。

中でも1コーナーから2コーナーへと続く「巻き貝」のような形状のカーブはユニークだ。長く、大きく回りこみながら進入するが、徐々にコーナーの半径が小さくなるため、コーナーを回りながらの減速が必要となる非常にテクニカルなコーナーとなっている。

逆に12から13コーナーにかけてはRが徐々に大きくなる連続カーブとなっており、タイヤへの負荷も大きい。

バックストレートは非常に長く、ヘアピンの14コーナーにつながっていることから、ここがこのサーキット最大の追い抜きポイントとなる。また、雨となることも多く、それがレースに影響を及ぼすことも少なくない。