掲載情報は2016年のものです。

サーキット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バーレーン インターナショナル サーキット開催GP:バーレーンGP

開催地 バーレーン/サヒール
全長/周回数 5.412km/57周
走行距離 308.238km
コースのタイプ 常設サーキット
開催回数 11回
日本との時差 6時間
レコードラップ P.デラロサ
(マクラーレン)
1.31.447

レース結果

開催日 優勝 ポールポジション
初開催 2004年4月4日 M.シューマッハ M.シューマッハ
前回優勝 2015年4月20日 L.ハミルトン L.ハミルトン
今シーズン 2016年4月4日 N.ロズベルグ L.ハミルトン

サーキット情報

バーレーン・インターナショナル・サーキットは、2004年に完成。同年からF1バーレーンGPを開催している。中東地域では初のF1開催であった。F1サーキットデザイナーとして有名なヘルマン・ティルケが設計を担当した。

4本の長いストレートがあり、コーナーも低速から高速までバラエティーに富んでいる。レイアウト的には比較的追い抜きも多くなるコースだ。しかし、周囲が砂漠に囲まれており、コース上にも風で砂が運ばれてくるため走行ラインを外すと非常に滑りやすくなるというリスクもある。

バーレーンは気温が高く、従来はそれがレースカーやタイヤに大きな影響を及ぼすサーキットとして知られていた。しかし、2014年からトワイライトレースとして行われており、以前とはコンディションへの対応の仕方も大きく変わっている。ちょうど日没を迎える時点でスタートし、その後ナイトレースと転じてゆくため、路面温度の急激な変化に対応できるセッティングが求められる。

関連リンク

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 N.ロズベルグ 385
2 L.ハミルトン 380
3 D.リカルド 256

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 765
2 レッドブル 468
3 フェラーリ 398

サーキット一覧

スポーツナビプラス