サーキット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モンツァ・サーキット開催GP:イタリアGP

開催地 イタリア/モンツァ
全長/周回数 5.793km/53周
走行距離 306.72km
コースのタイプ 常設サーキット
開催回数 66回
日本との時差 7時間
レコードラップ R.バリチェロ
(フェラーリ)
1.21.046

レース結果

開催日 優勝 ポールポジション
初開催 1950年9月3日 G.ファリーナ J-M.ファンジオ
前回優勝 2016年9月4日 N.ロズベルグ L.ハミルトン
今シーズン 2017年9月3日 L.ハミルトン L.ハミルトン

サーキット情報

モンツァ・サーキットが完成したのは1922年。それ以来F1イタリアGPをほぼ毎年開催してきた伝統的なサーキットだ。イタリアチームであるフェラーリにとってはお膝元のレースであり、「フェラーリの聖地」と呼ばれることも多い。

超高速サーキットであったことから、かつては死亡事故など危険な事故が発生することも多かった。そのため、何度もコース改修を繰り返し、現在は4本のストレートをコーナーでつないだレイアウトになっている。しかし、現在もF1屈指の高速サーキットであり、各チームがこのモンツァ専用の空力パーツを持ち込むことが当たり前となっている。

長いストレートから低速コーナーへ向けての激しいブレーキングと、長いストレートへ向けた加速が繰り返されるため、ブレーキの負担も非常に大きい。時速約350kmにも到達するスピードから、順位を争うクルマが横並びになりながら激しくブレーキングする様子は、F1の醍醐味(だいごみ)のひとつと言える光景だ。

また、熱狂的フェラーリファン「ティフォシ」も、モンツァを特別なものにしている。フェラーリのF1マシンと同じ赤色のキャップや服に身を包んだティフォシがモンツァのスタンドを赤く染め、サーキット全体がフェラーリへの大声援に包まれる。

財政難などにより2017年以降の開催継続が危ぶまれていたが、昨年11月に2019年までの3年間、開催契約が延長されたことが発表された。

関連リンク

ポイントランキング

■ドライバーランキング

No. ドライバー ポイント
1 L.ハミルトン 345
2 S.ベッテル 302
3 V.ボッタス 280

■チームランキング

No. チーム ポイント
1 メルセデスAMG 625
2 フェラーリ 495
3 レッドブル 358

サーキット一覧

スポーツナビプラス